このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立多摩総合精神保健福祉センター の中の 職員募集のご案内 の中の 精神科医が精神保健福祉センターで働く魅力! のページです。

本文ここから

精神科医が精神保健福祉センターで働く魅力!

精神保健福祉センターとは

多摩総合精神保健福祉センターの案内板
周囲には緑が多く、やすらぐ環境です。

 精神保健福祉センター(以下、「センター」という。)は、精神保健福祉法に基づき各都道府県・政令指定都市に設置され、医師や保健師等の専門職が配置され、担当地域の心の健康づくりや精神障害者の福祉を総合的に推進する専門機関です。1300万人を超える人口を抱える東京都では3箇所のセンターを設置して住民の精神保健福祉向上に努めております。
 センターは、厚生労働省の運営要領をもとに、企画立案や普及啓発、技術指導や技術援助、人材育成、組織育成 、調査研究、精神保健福祉相談(複雑・困難なもの;思春期、アルコール・薬物等の依存症に関する特定相談)、 精神医療審査会事務、自立支援医療(精神通院医療)や 精神障害者保健福祉手帳等の判定を行い、発達障害者に対する精神科デイケアも実施しています。

多摩総合精神保健福祉センターの外観
右手奥に見える建物は体育館です。

 このほか、顕著な精神症状や行動障害を伴う認知症が疑われる高齢者を対象に、認知症専門医療事業の一環として、保健所・区市町村等の依頼で訪問診察する高齢者精神医療相談班の業務や、やアウトリーチ支援(未治療・医療中断等で地域生活に困難を伴う事例への多職種チームによる訪問型支援)を各センターで行っています。
 アウトリーチ支援の対象者が地域生活に困難をきたした場合のための短期宿泊を中部総合精神保健福祉センターで行っています。

中部総合精神保健福祉センターの短期宿泊事業についてはこちらから

精神科医が精神保健福祉センター勤務で経験できる魅力!

魅力その1:地域での精神保健医療福祉活動

  • 地域での精神保健医療福祉活動業務であり、診察室や病棟での業務とは全く異なります。
  • 保健・福祉・労働・司法などと連携する環境の中でダイナミックな仕事が出来ます。
  • 地域での精神障害者の実際の生活を知り、その状況に合わせて協働するアプローチを実践し、その効果を体験できます。

魅力その2:多様な対象事例

  • 統合失調症、気分障害だけではなく、認知症、人格障害、依存症、発達障害、急性ストレス反応等、様々です。

魅力その3:多職種チームとの協働

  • 保健師、看護師、精神保健福祉士、心理職等多職種チームでの業務が基本です。

魅力その4:総合的アプローチ

  • 短期宿泊(中部総合精神保健福祉センターで実施)や精神科デイケアを備えており、包括的な医療・リハビリテーションを実践できます。

魅力その5:指定医業務への従事が可能

  • 措置診察や、医療審査会業務など、指定医業務への従事が可能です。

魅力その6:ライフ・ワーク・バランスの実現

  • 平日日勤のみの業務なので、子育てや介護をしながら働く医師に特におすすめです。
  • 家族の急病時や学校行事などに柔軟に対応できる所内協力体制や休暇制度が整っています。
魅力その7:資格取得支援
  • 精神保健指定医、精神保健判定医、日本医師会認定産業医、社会医学系専門医・指導医、精神科専門医等の資格取得に対する支援制度があります。

現在、精神科医(常勤職員)を募集しています

当センター精神科医師(常勤職員)の募集についてはこちら

お問い合わせ

このページの担当は 多摩総合精神保健福祉センター 広報援助課 広報計画担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

職員募集のご案内

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。