このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立多摩総合精神保健福祉センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立多摩総合精神保健福祉センター の中の 情報コーナー の中の 退院促進・地域移行支援関連情報 のページです。

本文ここから

退院促進・地域移行支援関連情報

東京都の取り組みの概要

 入院患者及び精神科病院等に対して退院促進に向けた働きかけや地域との調整を行うとともに、グル-プホ-ムへの体験入居や関係機関職員に対する研修を通じて、円滑な地域生活への移行や安定した地域生活を送るための体制整備を進める。また、都内3か所の精神保健福祉センタ-に地域体制整備コーディネ-タ-を配置し、退院促進や地域定着に向けた必要な体制を整備するための総合調整を行う。

精神障害者地域移行体制整備支援事業委託事業者一覧のイラスト地図です。

国の取り組みの概要

 精神障害者の地域移行について

【 参考資料等 】

多摩地域の社会資源

 多摩地域の精神保健福祉関係の行政機関窓口、就労支援事業、地域生活支援事業、日中活動支援事業、共同生活援助、訪問看護ステーション等の社会資源を、市町村別にまとめた『多摩地域の所在地別社会資源リスト』があります。ホームページがあるものは、そのアドレスも記載しています。

厚労省  障害福祉サービス等に関するQ&A

1 障害福祉サービスに係るQ&A(指定基準・報酬関係等)の「(22)平成24年8月31日付 平成24年度障害福祉サービス等報酬改定に関するQ&A(平成24年8月31日)」に、「2.相談支援」の項目があり、計画相談支援と地域相談支援に係るQ&Aが記載されています。

地域生活支援ガイドブック

地域生活支援ガイドブック 対象者の思いに寄り添うために

東京都福祉保健局障害者施策推進部精神保健・医療課が平成21年3月に発行した地域生活支援ガイドブックです。

はじめに
このガイドブックが紹介していること
1 対象者の思いに寄り添う
2 ケア会議(対象者の応援団のミーティング)

3 不安に寄り添う・地域生活への自信とイメージ作り(支援準備期)
4 ピアサポーターの活動紹介(支援準備期~定着支援期)
5 精神科病院における退院準備の取り組み(支援準備期)
6 退院後の生活ビジョンと応援団づくり(支援中期)
  (途中まで)

6 退院後の生活ビジョンと応援団づくり(支援中期)
  (途中から)
7 私の支援チームの紹介(支援中期~退院準備時期)
8 地域生活の体験談(支援中期~退院支援期)
9 生活の困りごとはありませんか(退院後のフォロー期、定着支援期)
10 医療機関を上手に利用しましょう(退院後のフォロー期、定着支援期)

11 地域生活支援 - Q&A
12 ピアサポーター座談会-地域の生活について

地域生活支援ガイドブック 別冊

地域生活支援ガイドブック 別冊

東京都福祉保健局障害者施策推進部精神保健・医療課が平成21年3月に発行した地域生活支援ガイドブックの別冊です。
制度や連絡先については情報が過去のものですので、ご注意ください。

資料1 対象別支援のポイント ~精神障害者生活訓練施設の実践から~
資料2 夜間休日の精神科救急医療体制について
資料3 地域移行支援における課題と対応
資料4 地域生活のための社会資源(1~4)

資料4 地域生活のための社会資源(5~8)
資料5 相談機関一覧

地域生活支援ガイドブック 実践編

地域生活支援ガイドブック 実践編

東京都福祉保健局障害者施策推進部精神保健・医療課が平成23年3月に発行した地域生活支援ガイドブックの実践編です。

はじめに
このガイドブックで紹介していること
1 支援時期ごとのチームアプローチから見た支援困難性

2 支援困難な具体的な場面に対するチームアプローチによる実践事例
2-1 病院などの関係者に対して、チームアプローチとしての退院促進コーディネーターの役割や機能が伝わらない・・・。
2-2 本人が退院に対して消極的な場合の関わりが難しい・・・。
2-3 退院を反対している家族への関わりが難しい・・・。

2-4 病院と地域で本人のできること/できないことに対する評価が異なり、その違いを共有して支援をすすめるのが難しい・・・。
2-5 地域における関係機関とチームづくりが進まない・・・。
2-6 退院に直面したことによる本人の揺れをチームとしてどう評価していけばよいか・・・。

2-7 退院後、支援機関の関わりを拒否する場合の関わりが難しい・・・。
2-8 本人の想いを尊重することで、本人の地域生活に良くない影響が出ると考えられる場合の支援が難しい・・・。
2-9 退院促進支援事業終了後に本人を地域の支援機関へつなぐことが難しい・・・。

2-10 高齢者、知的・身体障害との重複障害、身体合併症等がある場合の支援の調整が難しい・・・。
2-11 近隣トラブルがあった方への退院支援が難しい・・・。
3 座談会・私たちが安心して地域で暮らすために・・・。

『障害者地域相談のための実践ガイドライン第2版』

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障害者地域相談のための実践ガイドライン第2版

一般財団法人支援の三角点設置研究会のホームページからダウンロードすることが出来ます。上のイラストをクリックしてください。

目次
 1 「障害者地域相談のための実践ガイドライン」活用のポイント
 2 地域移行支援の流れ
 3 事例A
 4 事例B
 5 事例C
 6 厚労省Q&A抜粋

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 多摩総合精神保健福祉センター 広報援助課 広報計画担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る