このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都島しょ保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都島しょ保健所 の中の 島しょ保健所八丈出張所のページ の中の トピックス の中の 八丈保健所だより(平成27年6・7・8月号) のページです。

本文ここから

八丈保健所だより(平成27年6・7・8月号)

6・7・8月号の記事

1 食中毒に注意しましょう
2 屋外で注意!気をつけたい感染症
3 野菜を食べていますか?
4 麻薬・危険ドラッグ関係普及啓発運動
5 6月、7月、8月の事業案内
6 編集後記

PDFはこのページの一番下にあります。

1 食中毒に注意しましょう

食中毒発生状況

東京都における平成26年の食中毒発生状況は、事件数103件、患者数1,096名で、平成25年に比べて事件数は増加しましたが、患者数は減少しました。
しかし、平成27年1月~3月までの速報値では、ノロウイルスによる食中毒が事件数、患者数ともに昨年の2倍以上になっているので注意が必要です。最近の食中毒の原因は、ノロウイルス、カンピロバクター、アニサキスの3種類が上位を占めています。

ノロウイルス食中毒

今年発生の多いノロウイルス食中毒の原因食品は、生カキを用いた料理が多く見られました。
カキをはじめとする二枚貝を食べるときは十分に加熱し、調理するときは他の食材や調理器具などを二次汚染させないよう注意しましょう。

カンピロバクター食中毒

昨年発生の多かったカンピロバクター食中毒の原因食品は、鶏肉の生食や加熱不足の肉でした。
肉は十分に加熱し、加熱調理しない食べ物への二次汚染を防ぐために、肉とそれ以外の食材の調理器具を使い分けることなどが大切です。
「つけない」、「ふやさない」、「やっつける」を徹底して食中毒を予防しましょう。

フグに注意!!

平成26年、都内でフグによる食中毒は発生しませんでしたが、国内各地で家庭でのフグによる食中毒が見られました。
フグを自ら調理することは非常に危険です。最悪の場合、死亡するおそれがあるので絶対に調理しないで下さい。

2 屋外で注意!気をつけたい感染症

屋外で活動をする時には、蚊(特にヒトスジシマカ)、マダニ、ツツガムシによる感染症に注意が必要です。これらが媒介する感染症を予防するためには、刺されたり咬まれたりしないようにすることが重要です。
何か気になる症状が出た場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

◆蚊(ヒトスジシマカ)

【主な感染症名】
 デング熱、 チクングニア熱等
【症状】
  突然の発熱、関節痛・筋肉痛・目の奥の痛み、発しん等
【対策】
・ 肌の露出が少ない服装や忌避剤(虫よけ)などを使う。
・ 建物の中に蚊が入り込まないようドアや窓の開け閉めを減らし、網戸や殺虫剤を使用する。
・ 蚊を増やさないよう屋外に雨水がたまる物をおかないようにする(空き缶や植木の受け皿など)。
・海外旅行中にも十分注意する。

◆マダニ

【主な感染症名】
  重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、日本紅班熱等
【症状】
  発熱、発しん、紅斑等
(吸血中のマダニを無理に引き抜こうとするとマダニの一部が皮膚内に残り炎症を起こすことがあります。できるだけ医療機関で処置をしましょう。)
【対策】
・ 草むらやヤブなどに行く場合は、肌の露出が少ない服装や忌避剤(虫よけ)などを使う。
(例) 長袖・長ズボン・帽子・手袋・足を完全に覆う靴の着用、首にタオルを巻く等
・ 野山などに行った後は、すぐに入浴してマダニに吸血されていないかを確認する。
・ ペットも散歩後には、体表チェックをするなどマダニ駆除を適切に行う。

◆ツツガムシ

【感染症名】
つつが虫病
【症状】
発熱、全身の倦怠感、頭痛・関節痛等
【対策】
・ 草むらやヤブなどに行く場合は、肌の露出が少ない服装や忌避剤(虫よけ)などを使う。
・ 野山などに行った後は、すぐに入浴して付着したダニを洗い流し、衣類は洗濯する。

3 野菜を食べていますか?

野菜は、ビタミン、ミネラル、食物せんいなどが豊富に含まれており、健康な生活を送るためには欠かせないものです。
このため、国による「二十一世紀における第二次国民健康づくり運動」では、「一日350g以上野菜を摂取すること」を目標としています。毎食きちんと野菜を食べていると思っていても、サラダなど生で食べている場合はかさがあるため、実際食べている量は少ないということがあります。
野菜は加熱することでかさが減り、一回にたくさん食べることができます。また、軟らかくなるので食べやすくもなります。ぜひ、煮る、炒める、茹でるといった、加熱調理をした野菜がメインのおかずを毎日の食事に一品加えてください。特に野菜がたっぷり入った汁物は、水分補給に加え、汁に溶け出た野菜の栄養分も無駄なく摂取できるのでお勧めです。

野菜メニュー店募集しています

保健所では野菜がたくさん食べられるメニュー(野菜の使用量120g以上)を提供する「野菜メニュー店」を随時募集しています。野菜メニュー店としてお申込み(無料)いただくと、店頭に掲示するステッカーが配布され、東京都および保健所のホームページでお店が紹介されます。
また、野菜を食べたいお客様に喜ばれ、お客様の健康増進にも貢献できます。飲食店の皆さまのお申込みをお待ちしておりますので、詳しくは保健所栄養担当までお気軽にご相談ください。

八丈島の食材を使ったレシピを作りました!

八丈島栄養士会で八丈島の食材を使ったレシピを作成しました。旬に合わせて、月々2~3種類のレシピを保健所、支庁、町役場のほか、島内各地の商店にも置いています。
ぜひ、毎日の献立の一品にご活用ください。

4 麻薬・危険ドラッグ関係普及啓発運動

5月1日~6月30日 不正大麻・けし撲滅運動

阿片の原料となるけしや、マリファナの原料となる大麻草は法律で所持や栽培が禁止されています。
栽培が禁止されているけしや大麻を見つけたら抜かずに島しょ保健所八丈出張所(TEL2-1291)までご連絡ください。

6月20日~7月19日 「ダメ。」「ゼッタイ。」普及運動

この運動は、国民一人一人の薬物乱用問題に関する認識を高めるため、正しい知識の普及、広報啓発を全国的に展開します。あわせて「国際麻薬乱用撲滅デー」の周知を図るために行うものです。
最近の薬物情勢は、依然として覚醒剤事犯が薬物事犯の大半を占めていますが、大麻やMDMA等合成麻薬の乱用も高水準で推移しています。さらに、危険ドラッグの乱用が急速に拡大し、憂慮すべき状況です。
このため、官民一体となった薬物対策の普及運動を積極的に展開しています。

6月26日 国際麻薬乱用撲滅デー

昭和62年(1987年)に開催された「国連麻薬閣僚会議」の終了日の6月26日を「国際麻薬乱用撲滅デー」とし、各国がこの宣言の趣旨を普及する日とされました。

8 6、7,8月の事業案内

6、7、8月の事業案内
検診などの事業 実施日 時間 備考 費用
一般健康相談(クリニック) 平成27年6月11日、6月25日、7月9日、
7月23日、8月6日、8月27日
午後1時から午後2時30分まで 要予約 有料
肝炎ウイルス検査(B・C型) 平成27年6月11日、6月25日、7月9日、
7月23日、8月6日、8月27日
午後1時から午後3時まで 要予約、事前にご連絡ください 有料または無料
エイズ(HIV抗体)・性感染症検査 平成27年6月11日、7月9日、8月6日 午後2時30分から午後3時まで 要予約、匿名で受診できます 無料
デイケア 平成27年6月2日、6月16日、7月7日、
7月21日、8月4日、8月18日
午前9時30分から正午まで 事前にご相談ください 無料
アルコール教育プログラム 平成27年6月23日、7月28日、8月25日 午前10時から午前11時30分まで 事前にご連絡ください 無料
検便(細菌培養)検査 平成27年6月1日、6月15日、7月6日、
7月27日、8月3日、8月24日
午前9時から正午まで 容器を事前に取りに来てください 有料

6 編集後記

この号を編集している4月、保健所でも人事異動がありました。12人中7人が異動となり、新たに八丈島にやってまいりました。この号がみなさまのお手元に届くころには、仕事は当然ですが、島の生活にも慣れてきたころだと思います。新たに赴任してきた職員はもとより昨年からの職員ともどもよろしくお願いします。

八丈保健所だより(平成27年6、7、8月号) PDFファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 島しょ保健所 八丈出張所 庶務担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

トピックス

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る