このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都島しょ保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都島しょ保健所 の中の 島しょ保健所八丈出張所のページ の中の トピックス の中の 八丈保健所だより(平成27年9・10月号) のページです。

本文ここから

八丈保健所だより(平成27年9・10月号)

9・10月号の記事

1 9月20日から9月26日まで動物愛護週間です
2 犬のしつけ方教室のお知らせ
3 難病患者さんへの支援のご案内
4 食品表示法ができました
5 野菜っていいね!350グラムベジ食べる習慣!
6 平成27年10月1日から行商(弁当等人力販売業)が許可制になります
7 9、10月の事業案内
8 編集後記

PDFはこのページの一番下にあります。

1 9月20日から9月26日まで動物愛護週間です

動物愛護週間は、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、動物の愛護と適正な飼養について広く国民の間に関心と理解を深めるために、設けられたものです。この機会に身近にいる動物について考えてみましょう。

● 猫
 猫は室内飼いを!

猫を外で飼うことは、近隣への迷惑だけでなく、交通事故や猫同士のけんか、感染症など猫自身への危険もいっぱいです。室内環境を整え、連絡先表示や不妊去勢手術をして室内飼いをしましょう。

 無責任なエサやりはやめましょう!

無責任にエサやりだけをしていると、フン尿や農作物への被害などで近隣の理解は得られず、猫そのものも嫌われ者になってしまいます。
(1)管理する猫を特定する。
(2)不妊去勢手術を行う。
(3)エサを置きっ放しにしない。
(4) トイレの設置、汚物の掃除等、環境美化を図る。
以上の4つを守りながら「飼い主のいない猫」を減らしていきましょう。

● 犬
 ノーリード禁止!
散歩の際、公園や海岸などで犬を放す、いわゆるノーリードは条例で禁止されています。人への危害防止だけでなく犬自身を守るためにも絶対にやめましょう。

 犬の散歩はトイレ?

犬の散歩はトイレではありません。排泄は散歩の前に自宅で済ませる習慣をつけ、それでも散歩中にしてしまった際は必ずフンは持ち帰り、オシッコはペットボトル等に用意した水で流しましょう。

 犬鑑札と注射済票の装着を!

これらは犬への装着が義務付けられているだけでなく、迷子札にもなります。また、災害時には周囲の方への安心感にもつながります。必ず着けましょう。

2 犬のしつけ方教室のお知らせ

犬と楽しく暮らすためのコツについて、保健所獣医師がお話します。
今飼っている方、これから飼おうと思っている方、ぜひご参加ください。
日時 : 平成27年9月25日(金曜日)午後2時から4時まで 
場所 : 保健所2階講堂
申込み : 不要です。なお、犬は連れて来ないでください。

3 難病患者さんへの支援のご案内

難病患者さんに関わる法律が大きく改正したのでご案内します

難病とは
・発病の機構が明らかでなく
・治療方法が確立していない
・希少な疾病であって
・長期の療養を必要とするもの

難病の医療費助成制度が変わりました!

医療費助成のポイントとは?
(1)医療費助成の対象疾病の拡大
 平成27年7月1日から306疾病に拡大しました。
(2)所得に応じた医療費に係る自己負担の見直し
 医療費の自己負担割合が2割に引き下げられ、所得に応じて負担上限額が設定されました。
(3)指定医・指定医療機関の制度を導入
 新たな制度では、指定難病の診断を行う「難病指定医」や治療を行う「指定医療機関」を、都道府県知事が指定する制度が導入されました。

難病患者さんが受けられる主なサービス

・難病医療費助成制度の申請
 申請窓口:八丈町役場福祉健康課障がい福祉係
・障害者手帳に関する相談
 申請窓口:八丈町役場福祉健康課障がい福祉係
・障がい福祉サービスに関する相談
 相談窓口:八丈町役場福祉健康課障がい福祉係
・障害年金に関する相談
 申請窓口:八丈町役場住民課医療年金係

※サービスの詳細については、窓口にお問合わせください。

保健所が行っている支援

保健師による電話、面接、訪問相談、リハビリ訪問など、
生活するうえで困っていることがありましたらお気軽にご相談ください。
相談窓口:保健指導係(保健師)

4 食品表示法ができました

食品の表示について定めた新しい法律「食品表示法」が、平成27年4月1日から施行されました。
これまでの食品表示制度からの新規・変更点は次に挙げる項目になります。
〈新規〉
「機能性表示食品」制度が新設されました。
生鮮食品や加工食品、サプリメントなどについて、健康の維持・増進効果を具体的に表示すること(機能性表示)ができるようになります。
機能性表示をするには、食品に表示する内容、安全性・機能性の根拠になる情報などを販売日の60日前までに消費者庁長官に届け出る必要があります。
〈変更点〉
(1) 原材料名の表示方法
(2) アレルゲンの表示方法
(3) 栄養成分表示の義務化・ナトリウムの表示方法
(4) 栄養強調表示の方法
(5) 栄養機能食品のルールの変更
(6) 加工食品と生鮮食品の区分の統一
(7) 製造所固有記号の使用方法
(8) 表示面積が小さい食品の表示方法
(9) 販売される添加物の表示方法
(10) 通知等に規定されている表示ルールを基準に統合

経過措置期間 ~旧基準の表示方法が認められる期間~  ※旧基準と新基準の表示方法が混在された表示は原則認められません。

 
食品の区分 旧基準による表示が認められる期間
加工食品(一般・業務用) 平成32年3月31日まで
・一般用:製造(又は加工・輸入)されるもの
・業務用:販売されるもの
添加物(一般・業務用)
生鮮食品(一般用) 平成28年9月30日までに販売されるもの
※業務用は、経過措置期間がありません。

5 野菜っていいね!350グラムベジ食べる習慣!

東京都では、平成25年3月に「東京都健康プラン21(第二次)」を策定し、都民の生活習慣病予防と生活習慣改善に取り組んでいます。毎年9月は「東京都食生活改善普及運動」を実施し、今年度は「野菜っていいね!350グラムベジ食べる習慣!」のテーマのもと、都民の「野菜摂取量の増加」を目指して取り組みを行います。
 健康な生活を送るために必要な量のビタミンやミネラル、食物せんいなどを摂るためには、1日あたり350グラム以上の野菜を食べる必要があります。しかし、平成25年国民健康・栄養調査によると、目標量に達している都民は33.3%程度です。主食・主菜・副菜のそろった食事や、単品料理にサラダや和え物を一品プラスするだけで野菜の摂取量は増えますので、ぜひ、毎日の食事に取り入れてみてください。

6 平成27年10月1日から行商(弁当等人力販売業)が許可制になります

制度
・許可制
・有効期間5年間(更新制)
手数料
・許可申請 新規(8,800円)、更新(5,400円)
・許可済証 新規(1,400円)、再交付(1,100円)
運搬容器の基準
・運搬用具、運搬容器、温度計及び消毒用薬品の設備要件
・ 運搬用具及び運搬容器の見やすい所に標識(ステッカー)を添付
食品衛生責任者の設置
・許可設備ごとに販売に従事するもの携行義務
・許可済証
 詳細について、ご不明な点がございましたら保健所までお問い合わせ下さい。
 電話 2-1291 生活環境係

7 9・10月の事業案内

 
検診などの事業 実施日 時間 備考 費用
一般健康相談(クリニック) 平成27年9月3日、9月10日、10月8日、10月22日 午後1時から午後2時30分まで 要予約、事前にご連絡ください 有料
肝炎ウイルス検査(B・C型) 平成27年9月3日、9月10日、10月8日、10月22日 午後1時から午後2時30分まで 要予約、事前にご連絡ください 有料または無料
エイズ(HIV抗体)・性感染症検査 平成27年9月3日、10月8日 午後2時30分から午後3時まで 要予約、匿名で受診できます 無料
デイケア 平成27年9月1日、9月15日、10月6日、10月20日 午前9時30分から正午まで 事前にご相談ください 無料
アルコール教育プログラム 平成27年9月29日、10月27日 午前10時から午前11時30分まで 事前にご相談ください 無料
検便(細菌培養)検査 平成27年9月7日、9月28日、10月5日、10月19日 午前9時から正午まで 容器は事前に取りに来てください 有料

8 編集後記

暑い夏も終わり食欲の秋、運動の秋を迎えます。夏バテを早く回復させるためにも栄養・運動・休養をバランスよく取り入れて、体力づくりをしましょう。秋の味覚をよりおいしく食べるためにも…。でも暴飲暴食には注意しましょう!!

八丈保健所だより(平成27年9・10月号)(PDFファイル)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 島しょ保健所八丈出張所 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

トピックス

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る