このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

「島しょ町村の保健師」募集メッセージ

御蔵島村からのメッセージ

 世界で有数のミナミハンドウイルカの生息地、御蔵島。海・山・自然の中で思いっきりリフレッシュできます。伊豆諸島では珍しく水の豊かな島であり、緑の森が育んだミネラルウオーター「御蔵の源水」は通常の製品と比べ2倍のミネラルを含みます。人口およそ300人、全員で島の自然を共有しています。あなたも御蔵島の自然の中で一緒に仕事をしませんか。

小笠原村からのメッセージ

 小笠原村は、片道24時間の週1便の船のみ。人、物全てこの定期船、おがさわら丸となります。居住島は父島母島で、人口約2600人。ネット環境の充実は離島を感じさせません。医療面は、在宅生活をフォローし、高度医療機関緊急対応は、海上自衛隊による飛行艇等で搬送します。ダイナミックな自然環境は島生活を充実させることは間違いありません。保健師は、役場組織の村民課福祉係に配属、福祉係は、子ども家庭支援センター、地域包括支援センターなど、何役も担う機能を含んだ組織であり、子どもから高齢者までの年齢層、相談種類は多岐にわたります。診療所、保健所、支庁、小中高等学校、警察署、民生児童委員、社会福祉協議会、高齢者在宅サービスセンター委託法人など関係機関の連絡、協力は地域社会として機能し、地域包括ケアシステムの基礎が成り立っています。ケース会議の開催、内地等専門機関へ繋ぎながら村民生活をフォロー。チームで地域をつくっていくことが保健師に期待されています。虐待案件に代表されるように個別案件を組織で対応し、民生の充実に向けた仕事を小笠原村の保健師としてがんばりませんか。

お問い合わせ

このページの担当は 島しょ保健所 総務課 庶務担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

東京の島の保健師募集-島で働いてみませんか?-

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。