このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都島しょ保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都島しょ保健所 の中の 小笠原出張所 の中の 保健所だより 平成28年度 第4号 のページです。

本文ここから

保健所だより 平成28年度 第4号

インフルエンザ

インフルエンザとは?

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる呼吸器感染症です。
通常のかぜに比べて全身症状が強く出やすいことを特徴としています。
症状は1~3日の潜伏期間の後、38度以上の発熱、頭痛、咳、咽頭痛、鼻水、筋肉痛、関節痛などを呈します。
おう吐や下痢など消化器症状がみられる場合もあり、子どもや御高齢の方、免疫力の低下している方などでは重症化し、肺炎・脳炎になることがあります。
治療は症状に応じた対症療法が中心ですが、抗インフルエンザ薬も使用される場合があります。
治療については、病状や経過(特に症状が出始めてからの時間)に合わせて医師が判断しています。

インフルエンザにかかってしまったら

インフルエンザを疑う症状が見られ、具合が悪い場合は、早めに医療機関を受診しましょう。
感染拡大防止のため、医療機関に事前に電話で連絡し、受診できる時間帯や受診方法等の指示を受けてください。
受診の際は咳エチケットのためにマスクをつけましょう。

インフルエンザにかからないために

●インフルエンザワクチン(予防接種)
季節性インフルエンザのワクチン接種は、例年10月頃から開始します。
インフルエンザワクチンは、免疫をつけ死亡者や重症者の発生をできる限り減らすことを目的に接種するものです。
早めに受けるようにしましょう。

●手洗い
手洗いは、個人衛生の基本です。
外から帰ったときなど、こまめに手を洗いましょう。
また、咳やくしゃみを手でおおったときにも洗いましょう。

●咳エチケット
咳や、くしゃみをする時はティッシュやマスクを口と鼻にあて、他の人に直接飛まつがかからないように心掛けましょう。

12月1日は世界エイズデーです。

WHO(世界保健機関)は、1988 年に世界的レベルでのエイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、12 月1日を“World AIDS Day”(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱しています。
エイズとは、「HIV(ヒト免疫不全ウイルス)」の感染で引き起こされる「後天性免疫不全症候群」を略した言葉です。
発病すると、からだの免疫力が壊され、健康な時には体内に入っても病気を起こさない弱い病原菌にも感染して様々な症状が出ます。
感染して未治療でいると約半数が約10年で発病するといわれています。
感染しても長い間症状は出ません。HIVに感染することと、エイズを発病することとは違うことなのです。
HIVは感染力が非常に弱く、学校・職場等での日常生活ではうつりません。

HIVの検査をするには

・HIVウイルスに感染しているかどうかは、血液を採取して調べます。
・感染機会から3ヶ月以上経過した後で検査を受けて下さい。
・検査は匿名、無料で受けることが出来ます。
・保健所に電話でお問い合わせ下さい。

ノロウイルスの予防

手洗い

 アルコールによる消毒だけではノロウイルスへの効果は不十分です。特にトイレの後、調理の前には十分に手洗いを行ってください。2度洗いは効果的ですが、肌が荒れているとウイルスが付着しやすくなるので、健康な肌を維持するためにクリーム等でスキンケアを行ってください。盛り付け作業時や、非加熱食品を扱う際は使い捨ての手袋を使用して、素手で取り扱うことを避けて下さい。

十分な加熱調理

 ノロウイルスの不活化には「85~90度、90秒間以上の加熱」が推奨されています。調理器具を通じて他の食材を汚染することもあるので、二枚貝などノロウイルスの汚染リスクのある食材は最後に調理し、使用後の調理器具を適切に消毒することが予防に効果的です。

調理器具の消毒、施設の清掃

調理器具のうち金属製のものは煮沸消毒、それ以外のものは0.02パーセントの次亜塩素酸ナトリウムに浸け込み、10分後に水洗いをして下さい。施設内で汚染されやすい箇所としては、冷蔵庫の取っ手や水道の蛇口、ドアノブ、トイレなどがあげられます。0.02パーセントの次亜塩素酸ナトリウムに浸した布で拭き、10分後によく水拭きを行ってください。

嘔吐物の適切な処理

 嘔吐物はペーパータオル等で外側から内側にかけて拭い取り、ビニール袋に入れた後、次亜塩素酸ナトリウムを十分に染み込ませて処分します。嘔吐物が付着していた床は0.1パーセント次亜塩素酸ナトリウムを染み込ませたペーパータオル等で10分程度覆って消毒し、水拭きします。カーペット等は変色する可能性があるので、スチームアイロンによる加熱殺菌が有効です。床から1メートルの高さで吐くと半径2メートル程度飛び散ってしまうので、広範囲を消毒しましょう。また、処理する時に手や膝、履き物・靴底などに付着させて汚染を広げることがないよう注意しましょう。

調理従事者に症状があるとき

 嘔吐や下痢などの症状がある調理従事者は、直接食品を取り扱う作業は避けて下さい。症状が出なくなってからも1週間程度、ふん便中にウイルスが排出されます。

次亜塩素酸ナトリウム

市販の漂白剤は濃度5~6パーセントのものが多いので、下記のように調整してから使います。
 ・嘔吐物や便の処理
  → 0.1パーセント 500ミリリットルの水に、ペットボトルのキャップ2杯の漂白剤を
    加えて、よく混ぜる。
 ・それ以外のもの
  → 0.02パーセント 500ミリリットルの水に、ペットボトルのキャップ半分弱の漂白剤を
    加えて、よく混ぜる。

医療従事者の皆さまに届出のお願い!

免許を保有する医師・歯科医師・薬剤師及び業務に従事する保健師・助産師・看護師・准看護師・歯科衛生士・歯科技工士の方は、関係法規により隔年の12月31日現在の氏名・住所・就業地等の事項を届け出る事が義務付けられています。本年は この実施年に当たりますので、該当される方は必ず届け出を行って下さい。
※届出用紙につきましては、12月中旬頃に関係機関に配布いたします。
平成29年1月16日(月曜日)までに保健所へ提出して下さい。

問い合わせ:島しょ保健所 小笠原出張所   電話 2-2951     
東京都 福祉保健局 医療人材課         電話 03-5320-4434

検便検査のお知らせ

保健所では、食品取扱従事者の方を対象に感染症・食中毒等の発生予防を
目的とした検便検査を行っています。
料金480円 (O157検査は+480円)
11月7日 (月曜日)、8日 (火曜日)
12月5日 (月曜日)、 6日 (火曜日)
1月10日 (月曜日)、 11日 (火曜日)

旬の食材を食べよう

旬の食べ物 ~メカジキ~

小笠原の近海でよくとれるメカジキですが、もともとは
そでいか漁をしていた時に釣れたのがきっかけだったそうです。
どんな料理にも合うメカジキをさっぱりと南蛮漬けにしました。

レシピ   「メカジキの南蛮漬け」

エネルギー:134キロカロリー 食塩:1.1グラム

材料(2人分)

  ・メカジキ:2切れ
  ・片栗粉:適量
  ・しょうが:30グラム 
  ・ねぎ:1本 

  調味料
   ・酢:大さじ2
   ・しょうゆ:大さじ2
   ・砂糖:大さじ2 と2分の1

作り方

(1) しょうがは すりおろすか、千切りにする。ねぎは斜め薄切りにする。
   調味料を混ぜ、切った しょうがと ねぎを加える。
(2) メカジキは適当な大きさに切り、片栗粉を薄くまぶし、油をひいたフライパンで焼く。
(3) 焼きあがったメカジキを(1)と、からめて出来上がり。

保健所だより 平成28年度 第4号

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 島しょ保健所 小笠原出張所 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る