このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都島しょ保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都島しょ保健所 の中の 島しょ保健所の資料室 の中の 島しょ保健所の沿革 のページです。

本文ここから

島しょ保健所の沿革

 昭和50年4月1日、地方自治法の改正に伴い、中央保健所を都から中央区に移管しました。これにともない都は、新たにそれまで中央保健所の所管であった伊豆諸島を管轄する「東京都島しょ保健所」を設置しました。
 伊豆諸島は、昭和58年10月の三宅島雄山の噴火、昭和61年11月の大島三原山の噴火、そして平成12年9月の三宅島雄山の火山活動及び神津島・新島近海地震活動といった自然災害の厳しさの中におかれています。
 また、交通の便が必ずしも良いとはいえず、また保健医療資源等も多摩地域と比べて乏しく、町村の人口も177人から8,652人(平成23年1月1日)といった地域による差が大きくなっています。
 島しょ保健所は、管轄地域に4出張所と2支所を設置し、町村と連携を図りながら島しょ地域の保健衛生の向上に努めています。

沿革
昭和23年10月1日 大島・三宅島・八丈島に中央保健所の出張所が設置され各支庁内において業務が開始された。
昭和26年11月25日 三宅島出張所庁舎落成
昭和33年1月30日 八丈出張所庁舎落成
昭和33年5月2日 大島出張所庁舎落成
昭和43年6月26日 小笠原諸島が日本に返還
昭和48年7月14日 八丈出張所新庁舎落成
昭和50年2月12日 三宅出張所新庁舎落成
昭和50年4月1日 東京都島しょ保健所設置
昭和56年7月1日 小笠原出張所開設
昭和58年1月27日 大島出張所新庁舎落成
平成7年10月2日 大島出張所新島支所開設
平成9年10月1日 大島出張所神津島出張所開設
平成12年9月11日 三宅全島民の島外避難に伴い、三宅島出張所臨時事務所開設
平成13年9月16日 三宅出張所臨時事務所移転(都庁第一本庁舎)
平成17年5月 平成17年2月1日の三宅島全島避難解除に伴い三宅出張所再開
平成23年8月29日 八丈出張所新庁舎で業務開始

お問い合わせ

このページの担当は 島しょ保健所 総務課 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る