このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都多摩立川保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩立川保健所 の中の 保健・医療に関すること の中の 食べること、飲み込むこと(摂食・嚥下機能)が心配な方へ のページです。

本文ここから

食べること、飲み込むこと(摂食・嚥下機能)が心配な方へ

加齢や薬の副作用、病気の影響などによって、食べる機能、飲み込む機能が低下することがあります。機能の低下に気づかず過ごすうちに、誤嚥性肺炎や窒息を起こしてしまうこともあります。機能低下のサインに気づき、対処することが大切です。
食べること、飲み込むことが心配な方は、お住まいの市の地域包括支援センターやご自身のケアマネジャー、または、北多摩西部保健医療圏摂食・嚥下機能支援センター※にご相談ください。
※北多摩西部保健医療圏摂食・嚥下機能支援センター
 (受付:月曜日から土曜日(祝祭日除く)の午前9時から12時まで)
   ★武蔵村山病院(医療連携室)
    武蔵村山市 榎 1-1-5
    電話042-566-3560
   ★新田クリニック
    国立市 西 2-26-29
    電話042-574-3355
 

家族向けちらし

摂食・嚥下機能低下のサイン、相談や機能評価について説明していますのでご覧ください。

摂食・嚥下障害チェックシート

摂食・嚥下機能のチェックシートです。
ご家庭、施設等でご利用ください。
(平成19年度地域摂食機能支援連絡会(監修日本歯科大学附属病院口腔介護リハビリテーションセンター長 菊谷 武教授)作成)

摂食・嚥下チェックシート(表)

印刷してご利用下さい(A4両面)
     ↓

摂食・嚥下機能支援の手引 (医療従事者向け)

現場で摂食・嚥下評価を行う評価医と、摂食・嚥下リハビリテーションを担うコメディカルスタッフのための臨床的な手引き書です。
(平成22年3月発行)(A5サイズ94ページ)

摂食・嚥下機能支援の手引

コンテンツ
第1章 摂食・嚥下評価医の活動の実際
第2章 摂食・嚥下機能評価の手順と実際
第3章 摂食・嚥下機能支援の実際と介護者への指導
第4章 摂食・嚥下障害のある方の食事の実際
第5章 よく聞かれるQ&A
第6章 機材と物品の管理

都民情報ルーム(電話03-5388-2276)等で有償頒布しております。(660円)

 購入のお問い合わせは
      ↓

都民情報ルーム

介護スタッフに知ってほしい 摂食・嚥下機能支援 ~北多摩西部保健医療圏のシステム~

 本システムを地域に普及し、摂食・嚥下機能支援への理解を進めるために、高齢者施設等の現場の介護スタッフ向けにDVDを作成し、圏域内の約400施設に配付し、講習会も実施しました。
 監修は、北多摩医師会新田國夫会長、日本大学歯学部戸原玄准教授にお願いしました。
(平成22年10月制作 17分間)

介護スタッフに知ってほしい 摂食・嚥下機能支援~北多摩西部保健医療圏のシステム~

コンテンツ
1 オープニング
2 現状と課題
3 摂食・嚥下障害の診断と評価
4 北多摩西部保健医療圏のシステム
5 事例紹介

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ムービー(youtube)

DVDの内容をyoutubeで確認できます。
リンク先動画の静止画及び動画等一部切り抜き、ファイルの転載はお断りします。(youtubeへのリンクは可能)

地域保健医療推進プランに関する取組です。地域保健医療推進プランのページへリンクします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 多摩立川保健所 企画調整課 保健医療担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る