このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都多摩立川保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩立川保健所 の中の 感染症に関すること の中の 結核・感染症・エイズ・性感染症 の中の 3.エイズ・性感染症対策 の中の エイズ・性感染症を予防するために のページです。

本文ここから

エイズ・性感染症を予防するために

性行為によるHIV感染や、クラミジア・淋菌感染症などの性感染症を防ぐには、コンドームが有効です。コンドームには男性用だけでなく、女性用のコンドームがあります。また、性行為をしたくないと思ったら、相手に「NO」と伝えることも大切な選択です。

コンドームを正しく使いましょう

《傷つけないようにもち歩く》
熱・まさつに弱いのでハードケースに入れましょう。

《コンドームを正しく着けましょう》
ぼっ起したときから精子や体液が出はじめています。ペニスがぼっ起したらすぐにつけ、射精したらすぐに外しましょう。

安全な性行為とはなんでしょう?

性行為による感染を防ぐために、安全な性行為について考えてみましょう。

NO SEX
性的接触をしないことは、最善の予防策です。「No!」という勇気も大切。あなたを大切に思ってくれる人なら、あなたの「No」も受け止めてくれるはずです。

SAFE SEX
ふたりともHIVに感染していないことが確実で、お互いに他のセックスパートナーがいなければ、二人の性行為は安全です。

SAFER SEX
相手も自分も感染しているかもしれない場合は、コンドームを正しく使い、HIVや性感染症を予防しましょう。

3つのCを知っていますか?

「3つのC」は、多摩立川保健所が、10代・20代の方にエイズという病気・予防方法などを伝え、エイズのことを一緒に考える活動(エイズ・ピア・エデュケーション)の中で伝えている、「大切にしてほしいもの」です。

1.コミュニケーションのC  
「まだ、そういう関係になりたくない」「検査を受けてほしい」など、お互いの気持ちを伝えあい、お互いを思いやる気持ちが大切です。

2.コンドームのC
コンドームを正しく使うことで、エイズや性感染症を予防しましょう。コンドームを正しく使用することで、自分の体も相手の体も守ることができます。

3.チェックのC
何か過去に心配なことがあった時には検査を受けましょう。
保健所では匿名・無料で検査を行っています。

多摩立川保健所で実施しているHIV検査・性感染症検査

保健所のHIV検査は、検査を受けた日の60日前の状態を示しています。               

リスクのある性行為をした時、パートナーが変わった時は、エイズ検査を受けましょう。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。HIV/AIDS情報ラウンジ ふぉー・てぃー

ふぉー・てぃーは、東京都が池袋保健所1階のAIDS知ろう館内に設置した、エイズ・性感染症の情報ラウンジです。どなたでもお気軽にご利用いただけます。

地域保健医療推進プランに関する取組です。地域保健医療推進プランのページへリンクします。

お問い合わせ

このページの担当は 多摩立川保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

3.エイズ・性感染症対策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る