このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都多摩立川保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩立川保健所 の中の 健康に関すること の中の たばこ対策 の中の 禁煙支援医療機関調査 のページです。

本文ここから

禁煙支援医療機関調査

多摩立川保健所では、圏域の医療機関を対象に禁煙外来等禁煙支援の実態を把握し、住民への情報提供のため禁煙支援医療機関一覧を作成することを目的に、平成17年度から必要に応じ「禁煙支援医療機関調査」を実施しています。
今回は平成25年1月に調査を実施しました。

1 調査期間

平成25年1月8日から1月25日まで

2 調査対象

圏域6市(立川市、昭島市、国分寺市、国立市、東大和市、武蔵村山市)の病院(24か所)、診療所(435か所)、歯科診療所(384か所)、薬局(280か所)、計1,123か所)

3 調査票回収率

調査票を送付した1,123か所のうち、821か所から回答があり、回収率は73.1%(前回平成21年度は83.2%)でした。

調査票回収状況(施設数及び割合)
調査対象

調査票
配布数

回収数 回収率
病院・診療所

459

345 75.2%
歯科診療所 384 248 64.6%
薬局 280 228 81.4%
合計 1,123 821 73.1%

4 病院・診療所の禁煙外来開設状況

調査結果では、禁煙外来を開設している医療機関は、前回調査(平成21年)に比べ14か所増加しています。また、禁煙外来を保険診療(ニコチン依存症管理料算定医療機関)として行っている医療機関は47か所であり、禁煙外来を開設している医療機関の82.5%で保険診療ができる体制を整えています。(前回調査62.8%)

禁煙外来開設状況(施設数)
所在地

禁煙外来
開設数

(再掲)
保険診療※

前回調査
禁煙外来開設数 (再掲)保険診療
立川市 14 11 9 5
昭島市 5 5 4 2
国分寺市 16 13 16 10
国立市 9 6 6 2
東大和市 8 7 5 5
武蔵村山市 5 5 3 3
圏域合計 57 47 43 27

※ニコチン依存症管理料算定医療機関

5 歯科診療所の相談実施状況

調査結果では、禁煙相談を行っている歯科診療所は32か所です。その半数以上で、禁煙支援プログラムに関する講習会等を受講したスタッフが、禁煙相談を担当しています。

歯科診療所の禁煙支援実施状況(施設数)
所在地

禁煙相談
実施数

(再掲)
禁煙プログラム
受講者

(前回調査)
禁煙相談実施数

立川市 12 5 12
昭島市 8 5 9
国分寺市 5 2 3
国立市 2 1 3
東大和市 1 3 4
武蔵村山市 4 1 3
圏域合計 32 17 34

6 薬局の相談実施状況

調査結果では、禁煙相談を受けたことのある薬局は119か所あり、このうち禁煙相談体制を整えている薬局は91か所です。禁煙相談を受ける中でさまざまな課題等があることがうかがわれます。

所在地 禁煙相談実施数 1 ニコチン代替薬品の販売の時に、薬品の付録のほかに、禁煙のすすめ方に関する教材を使って指導している 2 ニコチン代替薬品の販売の初回時に、付録の説明書などを使って説明している 3 ニコチン代替薬品の販売の初回時に、付録の説明書やCD、パンフレット等を提供している(説明はなし) 4 薬品の販売にかかわらず相談を受けている 5 その他

前回調査
禁煙相談実施数

立川市 36 3 8 0 12 2 40
昭島市 20 3 6 0 5 0 18

国分寺市

16 0 2 0 5 1 17
国立市 17 0 1 0 7 1 15
東大和市 19 1 6 0 6 0 14
武蔵村山市 11 1 2 0 6 0 8
圏域合計 119 8 25 0 41 4 112
薬局の禁煙相談を受ける中で困っていること(複数回答)
禁煙相談を受ける際の課題 回答数

(前回調査)
回答数

相談方法がわからない。スキルをあげたい。 8 7
相談時に使用する適切な教材がない。 29 17
禁煙に関する最新の情報を知る機会が少ない。 17 14
禁煙相談に割く時間の確保が難しい。 47 18
他の薬局、医療機関の情報を知る機会が少なく不安。 11 8

医療機関(禁煙外来)を紹介したいときの
相談先が分からない。

18 18
その他 7 4

「保健・医療・福祉の総合的な推進」に関する取組です。

お問い合わせ

このページの担当は 多摩立川保健所 企画調整課 企画調整担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る