このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都多摩立川保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩立川保健所 の中の 保健所リポート の中の 保健所ギャラリー の中の 最新の展示 のページです。

本文ここから

最新の展示

多摩立川保健所では、各種パンフレットやホームページ、講演会などを通じて、地域の皆さまの健康増進のための情報をお伝えしておりますが、所内にも多くのポスター等の掲示物、各種文献や映像教材などをご用意しております。また、特設の展示コーナーでは、月ごとにテーマを絞った企画展示を実施しております。ぜひ、お気兼ねなく来所いただき、ご自身の健康について考えてみませんか。

企画展示について

展示場所

多摩立川保健所 1階玄関ホール

ご覧になるには

保健所の開いている時間中、自由にご覧いただけます。予約や連絡等は必要ありません。

最新の展示内容について

展示期間  

平成29年10月2日から平成29年10月31日まで(予定)

展示テーマ1 『骨髄バンク推進月間』に関するする展示 平成29年10月

10月は、骨髄バンク推進月間です。

骨髄バンク推進月間の展示の画像

白血病などの血液疾患に対する有効な治療法のひとつである骨髄移植は、善意の提供者(ドナー)がいなければ、成り立ちません。 
一人でも多くの患者さんを救うため、骨髄バンクへの登録をお願いします。

詳細は、日本骨髄バンクwebサイトをご覧ください。


骨髄バンクについての展示をしています


ドナー登録についての展示をしてます

骨髄ドナー登録会場案内の展示画像

登録は都内献血ルームで行っています。
多摩立川保健所から一番近い献血ルームは
立川駅から徒歩2分の立川献血ルーム
ぜひ、一度足を運んでみてください。

展示内容に関する問合せ先

多摩立川保健所 保健対策課(地域保健担当)

展示テーマ2 『乳がん月間』に関するする展示 平成29年10月

10月の乳がん月間にちなんで、ピンクリボンキャンペーンの一環として自己触診法についての展示を行っています。

触診モデルの画像

乳がん触診モデル
乳がんによって生ずるさまざまな症状を、しこりやえくぼ症状に限らず腋窩リンパ節の腫張にいたるまでリアルに再現した精密型モデルです。
乳がんの早期発見に向け自己触診する際、イメージしづらい乳房のしこり等を体験できます。
是非、体験しに来てください!

普及啓発グッズの画像

日本人女性の12人に1人は乳がんに罹患しています。
都では、乳がん死亡率の低下を目指して、普及啓発に取り組んでいます。


所内にポスターを展示しています


外フェンスにポスターを展示しています

ピンクリボンは乳がんの早期発見、早期診断及び早期治療の重要性を伝えるシンボルマークです。

展示内容に関する問合せ先

多摩立川保健所 企画調整課(企画調整担当)

お問い合わせ

このページの担当は 多摩立川保健所 企画調整課 企画調整担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る