東京都キャラバン・メイト養成研修

 東京都では、「認知症サポーター養成講座」の企画・立案及び講師となるキャラバン・メイトを養成しています。本ページでは、東京都が行っているキャラバン・メイト養成研修の概要について説明します。


 ※下記の情報は、あくまでも現時点の予定であり、変更することがあります。

区市町村推薦型

実施回数

年間3回程度

対象者

次の(1)又は(2)に該当する者とし、原則として区市町村の推薦によるものとする。
(1)サポーター養成等の事務局又はキャラバン・メイトとして従事する意思のある区市町村等の職員

  ア 区市町村職員
  イ 地域包括支援センター職員

(2)次のいずれかの要件を満たす者で、原則として年間10回程度「認知症サポーター養成講座」をボランティアの立場で行える者

   ア 認知症介護指導者養成研修修了者
   イ 認知症介護実践リーダー研修(認知症介護実務者研修専門課程)修了者
   ウ 介護相談員
   エ 認知症の人を対象とする家族の会
   オ 次の(ア)から(エ)までのいずれかに該当する者
   (ア)介護従事者(ケアマネジャー、施設職員、在宅介護支援センター職員等)
   (イ)医療従事者(医師、看護師等)
   (ウ)民生児童委員
   (エ)その他(キャラバン・メイトの業務を適切に実施できる者として、実施主体が認める者)

申込方法

申込にあたっては区市町村の推薦が必要となりますので、キャラバン・メイトとしての活動を希望する区市町村の高齢主管課にお問合せください。
なお、区市町村によっては、一般の方の推薦を行っていないところもあります。

リーダー型

実施回数

年間1回程度

対象者

 東京都内の介護保険施設・事業所に従事している認知症介護実践リーダー研修修了者

申込方法

募集時期になりましたら、本ホームページ上で御案内いたします。

 ※昨年度の募集案内は、こちらです。

その他

キャラバン・メイト養成研修は、区市町村が実施しているものもあります。詳細は各区市町村にお問合せください。
ただし、全ての区市町村がキャラバン・メイト養成研修を実施しているわけではありません。