認知症シンポジウム(H24)

認知症の人が安心して暮らせるまち・東京を目指して

概要

 東京都は、認知症に対する正しい理解の促進のため、平成19年度から「世界アルツハイマーデー」を記念し、毎年9月にシンポジウムを開催しています。
 6回目となる今回は、「認知症を知ろう〜地域で暮らす・社会で暮らす〜」をテーマに、認知症の原因となる病気や症状を知るとともに、認知症になっても地域・社会で暮らすために大切なことを考えていきます。
 基調講演に昭和大学横浜市北部病院准教授の福井俊哉先生をお招きし、「認知症という病気を知る〜原因疾患とその症状〜」というテーマでお話いただいたくとともに、パネルディスカッションで、実際に認知症の人と暮らしてきたご家族や周囲で支援している方々の経験や取組みを紹介します。

日時

平成24年9月13日(木曜日) 午後1時30分〜午後5時
(午後0時30分開場)

場所

東京都庁第一本庁舎5階 大会議場

定員

500人

申込方法

 参加を希望する方は、8月31日(金)までに、往復はがきかFAXに、住所・氏名(ふりがな)・年齢・職業・電話番号・FAX番号を明記のうえ、下記申込先までお送りください。
 なお、応募多数の場合は抽選となります。
 また、取材目的の場合はその旨ご記載ください。                     

☆詳しくはチラシを御覧ください。
☆FAX用お申込み用紙はこちら                  

                    

申込先

〒160−0022 新宿区新宿1−18−13 協健新宿1丁目ビル3F
認知症シンポジウム事務局
TEL:03−5391−1833
FAX:03−3355−7082

内容に関するお問い合わせ

東京都福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
 TEL:03−5320−4276                     

                    

PDF書類をご覧いただくには

 PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
 上のアイコンをクリックし、 無料配布されているAdobe Readerをダウンロードしてください。

 このページでは、PDFによる情報提供を行っております。
PDFによる入手が困難な場合は、高齢社会対策部在宅支援課認知症支援担当までお問い合わせください。