研修・行事・講座

認知症に関する研修・行事・講座のご紹介です。

東京都主催のイベント

 東京都が主催する認知症関連イベントの告知や、過去に開催したイベントの報告などを掲載しています。

認知症シンポジウム「認知症の予防に向けて」(H28)

平成27年度以前のイベントの報告はこちらに掲載しています。

認知症サポーター養成講座

 企業や学校、町内会などの団体が主体となって、認知症の人と家族への応援者「認知症サポーター」の養成をすることができます。ここでは、講座の開催の方法について解説しています。

 ※認知症サポーター養成講座を受講したい方は、区市町村ごとに住民向けの認知症サポーター養成講座を開催しておりますので、お住まいの区市町村高齢福祉主管課にお問い合わせください。

東京都キャラバン・メイト養成研修

 認知症介護実践リーダー研修修了者を対象に、地域で認知症サポーター養成講座を実践するための方策を学ぶ研修を実施します。

東京都認知症介護研修

 介護保険事業所の従事者など、高齢者介護の実務者やその指導者を対象に、認知症介護の技術向上を図る研修です。このページでは研修の体系や、年間スケジュールなどを掲載しています。

東京都看護師認知症対応力向上研修

 認知症を持ちながら、急性期医療機関へ入院された方々が、よりスムーズに必要な医療を受け、本来の生活の場へ復帰し、その地域で暮らし続けられるよう支援することをめざし、認知症ケアについての基本的な知識と実践について、急性期医療に携わる看護師が学ぶことを目的とする研修です。このページでは現在募集している研修・「看護師認知症対応力向上研修テキスト」などを掲載しています。

東京都認知症多職種協働研修

 認知症の人が状態に応じて適切な医療・介護・福祉の支援を受けることができるよう、認知症の人の支援に携わる方々を対象に実施している研修です。このページでは、現在実施している研修や「東京都認知症多職種協働研修テキスト」などを掲載しています。

東京都かかりつけ医認知症研修(H27〜)

 高齢者が日頃より受診する診療所等の主治医(かかりつけ医)に対し、適切な認知症診断の知識・技術や認知症の人本人とその家族を支える知識と方法を習得していただくための研修を実施しています。

認知症サポート医養成研修

 認知症の人の診療に習熟し、かかりつけ医への助言その他の支援を行い、専門医療機関や地域包括支援センター等との連携の推進役となる認知症サポート医を養成するための研修を実施しています。

認知症サポート医・かかりつけ医認知症対応力向上研修

 地域の認知症サポート医・かかりつけ医等の医師、区市町村及び地域包括支援センター職員等の他職種の連携作りを支援するための研修を実施しています。

東京都薬剤師認知症対応力向上研修

 薬局・薬剤師に対し、認知症の人本人とその家族を支えるために必要な基本知識や、医療と介護の連携の重要性等を習得するための研修を実施しています。

東京都歯科医師認知症対応力向上研修

 歯科医師に対し、認知症の人本人とその家族を支えるために必要な基本知識や、医療と介護の連携の重要性等を習得するための研修を実施しています。

認知症サポート医・かかりつけ医フォローアップ研修(H23〜H26)

 認知症に関して地域のかかりつけ医、認知症専門医療機関、区市町村、地域包括支援センター等の多職種の連携作りを支援するため、研修を実施しました。

第9回東京都福祉保健医療学会(平成25年度)

 シンポジウム「認知症の人と家族の在宅生活を支えるために〜医療と生活をつなぐ支援とは〜」


かかりつけ医認知症対応力向上研修(H18〜H21)

 高齢者が日常的に受診する機会の多い診療所等の主治医(かかりつけ医)を対象に、適切な認知症診断の知識・技術や家族・介護者への支援の方法を習得していただくための研修を実施しました。


 

東京都で実施している検討会については「東京都の取組」をご覧下さい。