かかりつけ医認知症対応力向上研修


かかりつけ医認知症対応力向上研修とは

東京都では、高齢者が日ごろから受診する診療所等の主治医(かかりつけ医)に対し、適切な認知症診断の知識・技術や家族からの話や悩みを聞く姿勢を習得するための研修を実施することにより、サポート医との連携の下、各地域において、認知症の発症初期から状況に応じて、医療と介護が一体となった認知症の人への支援体制の構築を図ることを目的として、平成18年度から平成21年度まで「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を実施しました。

実施方法

社団法人東京都医師会に委託し、地区医師会等ごとに実施。

研修内容

@ 基礎知識編 家族が最初に気付いた認知症高齢者の日常生活の変化
認知症の考え方(DSM)
認知症の中核症状と周辺症状
アルツハイマー型認知症の典型例の経過
A 診断編 認知症初期の発見のポイント
中核症状のアセスメント(質問式)
認知症の原因疾患の同定の手順
B 治療とケア編 早期発見・早期治療の意義
認知症患者・家族への対応や支援の在り方
アルツハイマー型認知症への薬物療法
周辺症状に関連する要因
周辺症状に対する薬物療法と非薬物療法
C 連携編 主治医意見書の役割
かかりつけ医とケアマネジャーとの連携
認知症高齢者のケアの基本
地域密着型サービスについて
介護保険における介護予防システム
成年後見制度
高齢者虐待防止法

問い合わせ先

東京都 福祉保健局 高齢社会対策部 在宅支援課 認知症支援係
電話 03−5320−4276(直通)
FAX  03−5388−1395