認知症サポーター養成講座

認知症サポーター100万人キャラバンの説明、団体・企業者への案内等

認知症サポーター養成講座とは

 講師役である「キャラバン・メイト」が、地域や職域団体等を対象に、認知症の正しい知識や、つきあい方についての講義を行う住民講座・ミニ学習会などのことを、「認知症サポーター養成講座」と呼びます。認知症サポーター養成講座は、都道府県・市町村等の自治体や職域団体・企業、町会・自治会等と「キャラバン・メイト」の協働で行われ、養成講座を受講した人が、「認知症サポーター」となります。

 認知症サポーターの育成は、厚生労働省が実施する「認知症サポーター100万人キャラバン」における主な取り組みであり、これにより、「認知症になっても安心して暮らせるまち」の実現を目指しています。

認知症サポーターの役割

 認知症サポーターは「なにか」特別なことをやる人ではありません。講座を通じて認知症についての正しい知識を習得し、自分のできる範囲で認知症の人や家族を応援するのが認知症サポーターです。たとえば、友人や家族に講座で学んだ知識を伝えていくことや、認知症の人や家族の気持ちを理解するよう努める、といったことも、サポーターにできる支援のひとつです。その他にも商店・交通機関等、自らの働く場で、できる範囲で手助けをするなど、いろいろなかかわり方があります。

 なお、講座を修了すると、認知症を支援するサポーターの「目印」として、オレンジ色のブレスレット「オレンジリング」が渡されます。

サポーター養成講座の開催を考えている団体・企業の方へ

 ○団体・企業の所在地の区市町村高齢福祉主管課へお問い合わせください。

 ○東京都全域にわたる規模での開催の場合は、下記までお問合せください。

東京都福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
電話:03-5320-4276(直通)

住民の方へ

 区市町村ごとに住民向けの認知症サポーター養成講座を開催しておりますので、お住まいの区市町村高齢福祉主管課にお問い合わせください。

「認知症サポーター100万人キャラバン」について

詳しくお知りになりたい方は「認知症サポーター100万人キャラバン」のホームページをご覧下さい。