認知症サポート医フォローアップ研修の概要

認知症サポート医フォローアップ研修の概要をご案内します。

認知症サポート医フォローアップ研修のイメージ図

認知症サポート医フォローアップ研修のイメージ図


目的

かかりつけ医への助言や地域の関係機関との連携促進の役割を期待される認知症サポート医の機能強化を図ることで、かかりつけ医の認知症対応力向上と連携促進を図り、かかりつけ医を中心とした地域における連携体制構築を目指す。


対象者

都内の認知症サポート医(333人:平成23年3月末現在 都福祉保健局調)

主な目標及び研修内容

主な達成目標 主な研修内容
かかりつけ医への総合的支援 ○認知症診療のポイント
○認知症に対する薬物療法・非薬物療法
○認知症の周辺症状への影響を踏まえた身体疾患の管理
○高齢者虐待や権利擁護への対応
地域の多職種連携促進・認知症対応力向上支援 ○都内の医療資源等の状況
○東京都の認知症対策
○地域特性に応じた連携モデルのあり方を検討するグループワーク(連携ツールの導入・活用)

実施単位

原則として二次保健医療圏単位で実施。