認知症サポート医フォローアップ研修

認知症の人を支える医療支援体制の構築を目指して

認知症サポート医フォローアップ研修

東京都では、認知症の人を支える医療支援体制において中心的な役割が期待される「認知症サポート医」(※1)の認知症対応力の一段の向上と機能の充実を目的として、平成21年度から平成22年度まで認知症サポート医フォローアップ研修を実施しました。

特徴

東京都認知症対策推進会議(医療支援部会)での検討成果を踏まえた独自カリキュラム

認知症・身体疾患(状態)相互の影響を踏まえた医学的知識を付与し、認知症対応力を一層向上

都内の社会資源・医療資源の状況を元に連携モデルを検討するグループワークの実施と連携ツール(共通フォーマット)(※2)の普及により、地域の連携を推進

認知症サポート医フォローアップ研修の概要(リンク)

※1 認知症サポート医
地域医療に携わり認知症の対応に習熟している医師で、所定の研修を修了し、かかりつけ医に対する認知症診断等に関する相談・助言、地域包括支援センター等との連携及び「かかりつけ医認知症対応力向上研修」の研修内容の企画立案や講師役等を担う医師

※2 連携ツール(共通フォーマット)
かかりつけ医と専門医療機関の連携時に、共有すると有用な情報をまとめたフォーマット。かかりつけ医と専門医双方の意見を取り入れて作成したもの