認知症とは

認知症とはどのような症状なのでしょうか

認知症とは

 認知症とは、脳血管疾患、アルツハイマー病その他の要因に基づく脳の器質的な変化により、日常生活に支障が生じる程度にまで記憶機能及びその他の認知機能が低下した状態をいいます。認知症は、高齢期では誰にでも起こる可能性があります。

認知症の主な症状

 認知症の症状は、大きく分けると「中核症状」と「行動・心理症状(BPSD)」の2つに分けることができます。

■中核症状

 病気等により脳の細胞が壊れ、その細胞が担っていた機能が失われたために生じる症状

記憶障害

  • ・さっき聞いたことが思い出せない
  • ・覚えていたはずの記憶が失われる

見当識障害

  • ・時間・季節・場所等の感覚が分からなくなる
  • ・道順などが分からなくなる

理解・判断力の障害

  • ・考えるスピードが遅くなる
  • ・いつもと違うことで混乱しやすくなる

実行機能障害

  • ・前もって計画をたてることができない
  • ・家電や自販機などが使いこなせない

■行動・心理症状(BPSD)

 「中核症状」により生活上の困難にうまく適応できない場合に、本人の性格、環境、身体状況が加わって起こる症状

たとえば・・・

中核症状 性格、環境、身体状況(例) 行動・心理症状(BPSD)
大事なものを自分でしまい込み、しまったこと自体を忘れる。(記憶障害) ・自立心が強い
・子どもに世話や迷惑をかけたくない
・もの忘れに対する不安を打ち消したい
「家族が、わたしの大事な物を盗んだ!」と言う。(もの盗られ妄想)

こんなときは・・・

  • ・こうした妄想は、最も身近で介護している方に向けられることが多いので、周囲が理解して介護者を支えることが大切です。
  • ・こうした症状は頻発しやすい時期があります。いずれは治まると知っていることで、対応しやくすくなります。