認知症の人と家族のために知っておきたいこと

認知症の人と家族のみなさんを支えるために、知っておいてほしいことがあります。

ご本人にも自覚があることを知ってください

 自分がこれまでとは違うことに、最初に気づくのは本人です。もの忘れによる失敗が増えたりすることで、「おかしい」と感じ始めます。認知症かもしれない、という不安は、想像を絶するものでしょう。
 その不安が「病院には行かない」「私はもの忘れなんかしていない」という言動など、色々な形となって現れ、周囲の方々は困惑することも多いと思います。
 「本人にも『認知症かもしれない』という自覚がある」こと、「本人こそが沢山の悲しみや不安を抱えている」ことを知り、その辛さを想像してください。

さりげなく、自然に、手助けをお願いします

 認知症の人にも、健康な人と同じく感情があり、ご本人なりの暮らしがあります。認知症によって困っていることがあれば、できないこと、わからないことをさりげなく手助けしてください。押しつけず、急かさず、その人のペースで。

家族にも支援が必要です

 大切な身内が認知症であることを、簡単に受け入れられる家族はいないでしょう。また、認知症の介護は、家族の中だけで解決できる問題ではありません。
 家族が様々な葛藤の中で認知症と向き合い、認知症の人を支えていくためには、家族に対しても周囲の理解と支援が必要です。
 認知症の介護は長丁場。息抜きをし、愚痴を言い合える場所や、認知症をオープンにし、支援を求められる環境も、家族には大切です。

認知症サポーター養成講座について

 東京都や区市町村では、地域住民や職域・学校・広域の団体、企業の従事者などを対象として、認知症の正しい知識や、認知症の人と接するときの心がまえ等について講義を行う「認知症サポーター養成講座」の開催をお手伝いしています。(区市町村によっては住民向けの講座を自主的に開催しているところもあります。)詳しくは認知症サポーター養成講座のページをご覧下さい。