東京都認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センターとは

 東京都が指定する「認知症疾患医療センター」において、認知症の鑑別診断、身体合併症と行動・心理症状への対応、専門医療相談等を実施するとともに、地域の保健医療・介護関係者等との連携の推進、人材の育成等を行うことにより、認知症の人とその家族が地域で安心して生活できるよう、地域における支援体制を構築していきます。

地域連携型認知症疾患医療センターの募集について

 東京都では、認知症の人が状態に応じて適切な医療・介護・生活支援等の支援を受けることができる体制を各区市町村において構築するため、現在認知症疾患医療センターが所在しない地域において、「地域連携型認知症疾患医療センター」の募集を行います。

 詳細については、以下のページから御確認ください。
→地域連携型認知症疾患医療センターの募集について

地域連携型認知症疾患医療センターの指定について(1か所)

 このたび、東京都では、認知症の人が状態に応じて適切な医療・介護・生活支援等の支援を受けることができる体制を構築するため、新たに1医療機関を認知症疾患医療センターとして指定しました。

 詳細については、以下の報道発表から御確認ください。
→認知症疾患医療センターを運営する医療機関を指定しました

認知症疾患医療センターの業務内容

  東京都では、地域連携型・地域拠点型の2種類の認知症疾患医療センターを指定しています。

地域連携型認知症疾患医療センター

  所在する区市町村において、以下の業務を行います。

(1)医療相談
  認知症疾患医療センターには、認知症に関する専門知識を有する相談員(精神保健福祉士等)を配置し、本人、家族、関係機関(地域包括支援センター、区市町村、保健所・保健センター、介護保険事業所等)からの認知症に関する医療相談に対応するとともに、状況に応じて、適切な医療機関等の紹介を行います。

(2)認知症の鑑別診断と対応
  認知症疾患医療センターでは、認知症の診断も行いますが、医学的診断だけでなく、日常生活の状況や、他の身体疾患等の状況等も踏まえ、総合的に評価を行うとともに、関係機関と情報の共有化を図り、医療・介護・生活支援等の支援に結び付けていきます。
  診断後は、ご本人のかかりつけ医と連携を図り、日常の診療はかかりつけ医が担当することが基本となります。

※ 診断には、かかりつけ医からの紹介、予約が必要な場合があります。詳しくは、地域の認知症疾患医療センターまでお問合せください。

(3)身体合併症、行動・心理症状への対応
  認知症の人の身体合併症及び行動・心理症状の治療について、認知症疾患医療センターで受け入れるほか、地域の認知症に係る専門医療機関、一般病院や精神科病院等と緊密な連携を図り、地域全体で受け入れる体制をつくっていきます。

(4)地域連携の推進
  区市町村等が開催する認知症に関連する会議に協力・出席し、区市町村とともに、地域包括支援センター、認知症サポート医、かかりつけ医、医師会、介護保険事業所、家族介護者の会等、認知症の人の支援に携わる関係者のネットワークづくりを推進します。

(5)区市町村の認知症施策への協力
  所在する区市町村が実施する、認知症初期集中支援チーム等の認知症関連事業に協力します。


地域拠点型認知症疾患医療センター

  所在する区市町村における地域連携型の業務と、二次保健医療圏の拠点となる認知症疾患医療センターとしての役割を担います。

(1)医療相談〜(5)区市町村の認知症施策への協力
  地域連携型と同様の業務を行います。

(6)認知症疾患医療・介護連携協議会の開催
  医師会など地域の保健医療関係者、地域包括支援センターなどの介護保険関係者、区市町村、保健所・保健センター等の関係機関、家族介護者の会との連携を図るため、二次保健医療圏の関係機関が集まる認知症疾患医療・介護連携協議会を開催し、地域において効果的に機能するネットワークづくりに向けた検討を行っていきます。

(7)身体合併症、行動・心理症状に対応するネットワークづくりの推進
  認知症疾患医療・介護連携協議会における検討や他の地域拠点型認知症疾患医療センターとの連携により、二次保健医療圏における身体合併症、行動・心理症状に対応するネットワークづくりを推進します。

(8)地域の医療従事者等向けの研修会開催
  地域のかかりつけ医、一般病院の医療従事者、地域包括支援センターの職員などの地域の医療従事者向けに、認知症対応力の向上を図るための研修等を行います。また、区市町村・医師会等の関係機関が実施する研修に協力します。

(9)認知症アウトリーチチームの設置等
  医師、看護師、精神保健福祉士等で構成される認知症アウトリーチチームを配置し、区市町村が配置する認知症支援コーディネーターや認知症地域支援推進員等からの依頼に応じて、認知症の疑いのある人を訪問し、アセスメント等を実施することにより、早期の診断につなげ、状態に応じて適切な医療・介護サービスに結びつける等の取組を行います。

認知症の相談について

  各区市町村にある「地域包括支援センター」では、介護や医療に関する総合相談・支援事業を実施しています。また、介護保険の給付を受ける場合にも地域包括支援センターが窓口となります。認知症に係る総合的な相談は、各地域の地域包括支援センターにご連絡ください。(「地域包括支援センター一覧」

受診にあたって

  • 家族に認知症の疑いが生じた場合、まずはかかりつけ医に相談、受診してください。かかりつけ医がいない場合は、認知症に関する相談・助言、診断、専門医療機関の紹介等を行う医師の名簿を、「認知症サポート医名簿」として公表しています。どこの医療機関に相談・受診すればよいのか分からない時に、本名簿をご活用ください。
  • また、認知症の診断、治療等の対応が可能な医療機関は都内各地域にあります。東京都医療機関案内サービス「ひまわり」を利用して、認知症に対応可能な最寄りの医療機関を、詳細な条件で検索できます。(「『東京都医療機関案内 ひまわり』による医療機関の検索方法」)。

東京都認知症疾患医療センター指定医療機関



地域拠点型認知症疾患医療センター

                    
地域拠点型認知症疾患医療センター指定病院

地域連携型認知症疾患医療センター

                    
地域連携型認知症疾患医療センター指定医療機関

  • 電話相談は、平日の日中の対応となっています。