連携ツール(共通フォーマット)

かかりつけ医と専門医の連携のための共通フォーマットを掲載しています。

かかりつけ医と専門医の連携ツール(共通フォーマット)

連携ツール(共通フォーマット)とは、かかりつけ医と専門医療機関の連携にあたり、相互に必要としている情報をまとめたフォーマットです。

連携ツール(共通フォーマット)を活用して、情報を頻回にやり取りし共有することで、かかりつけ医と専門医療機関の緊密な連携体制の構築を図ります。

標準的なフォーマットは、下記からダウンロード可能です。必要に応じ、各々の地域特性に見合った形式を検討して、積極的に活用してください。

取り交わす情報の内容

紹介目的を分かりやすく記載することが重要です。

情報の取り交わし方

症状が安定していても、年に1〜2回は定期的に専門医療機関へ通院し、関係を維持しておくことが望ましいです。


専門医は、かかりつけ医や本人・家族に対し、定期通院の概ねの頻度や、容態急変時等には随時対応する旨を伝えておくことが重要です。


標準的なフォーマット

かかりつけ医から専門医療機関への紹介用(エクセル版) (平成21年7月13日版)


かかりつけ医から専門医療機関への紹介用(PDF版)  (平成21年7月13日版)


専門医療機関からかかりつけ医への紹介用(エクセル版) (平成21年7月13日版)


専門医療機関からかかりつけ医への紹介用(PDF版)  (平成21年7月13日版)


記入例(PDF版)  (平成21年7月13日版)