認知症地域資源ネットワークモデル事業

東京都の認知症地域資源ネットワークモデル事業についての事業報告です。

東京都は、様々な社会資源と人的資源が参加したネットワークを構築し、認知症の人と家族が安心して暮らせる地域づくりを進めるモデル事業を19年度から20年度の2ヵ年に渡って実施しました。

事業の概要図(クリックすると大きな画像が開きます)


モデル地区に選定された練馬区と多摩市の取組は、平成21年5月29日に開かれたシンポジウム「地域でできる!認知症の人を支えるまちづくり」で報告を行いました。

また、練馬区と多摩市の事業報告は、下記のリンクからもダウンロードすることが可能です。

事業報告のダウンロード

練馬区 地域資源ネットワークモデル事業実施報告(PDF:1,107KB)


多摩市 地域資源ネットワークモデル事業実施報告(PDF:668KB)


PDF書類をご覧いただくには

 PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
 上のアイコンをクリックし、 無料配布されているAdobe Readerをダウンロードしてください。

 このページでは、PDFによる情報提供を行っております。
PDFによる入手が困難な場合は、高齢社会対策部在宅支援課認知症支援担当までお問い合わせください。