東京会議からのメッセージ

認知症の人が安心して暮らせるまち・東京を目指して〜東京会議からのメッセージ〜

 東京で暮らし、働く皆さんへ

 平成19年1月30日に「第4回認知症高齢者を地域で支える東京会議」が開催されました。「東京会議」の活動は今回で終了となりますが、地域で支える取組はまだ始まったばかりであり、今後も継続していくことが大切です。

 そこで、一人でも多くの人が認知症について身近なことと捉え、自分たちに出来ることを考え、実践していこうという機運を今後も都内で継続、拡大していくため、会議の席上で委員の承認を受けて、広く都民に向けて「東京会議からのメッセージ」を作成しました。

 皆さんが暮らしている地域で、働く場で、このメッセージを是非多くの人に伝えてください。また、今後、皆さんが行う様々な取組においても積極的にご活用ください。

認知症の人が安心して暮らせるまち・東京を目指して
〜東京会議からのメッセージ〜

 私たちは「東京会議」を通じて、誰もが認知症になる可能性があり、とても身近なものと知りました。また、認知症の人も私たち同様、様々な困難を抱えつつも懸命に日々を生きる「生活者」であると知りました。

 さらに、都民一人ひとりが認知症について正しく理解し、見守り、声をかけ合うことで、地域で暮らす認知症の人や家族が抱えている不安や困難を、わずかでも減らせると確信しました。

 多くの人が暮らし働く東京は、日常生活に必要なサービスや多様な文化が集積した便利なまちです。地域社会に根ざした組織や豊富な実践力を培った団体など、地域生活を支える人材も豊富です。

 私たちを含め、多くの人々や機関が、普段の暮らしや仕事での関わりを通じてできることを考え、実践する。その活動に、医療・福祉の専門職を含む多様な人材が参加する。そこから、認知症の人や家族が住み慣れた地域で暮らし続けていくための「東京流の支えあい」が生まれます。

 そして、認知症の人や家族からも、抱えている困難や必要な支援をお話しいただくことで、私たちは具体的に行動する手がかりがつかめます。

 この取組はまだ始まったばかり。これからも継続し、広げていくことが大切です。そして、東京が「認知症の人が安心して暮らせるまち」になったとき、それは「すべての人が安心できるまち」でもあると、私たち「東京会議」は考えます。

もっと知ろう 認知症。考えよう 一人ひとりができること。
できることから少しずつ。あなたも仲間になってください。

これが、東京会議から都内で暮らし、働く皆さんへのメッセージです。

 最後に、「東京会議」という種が、今後、都内各地域で芽吹き、認知症の人と家族に向けた支援の花が開くよう、東京都にも更なる取組を求めます。

平成19年1月30日
認知症高齢者を地域で支える東京会議

「東京会議からのメッセージ」(PDF版)(PDF・105KB)

PDF書類をご覧いただくには

 PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
 上のアイコンをクリックし、 無料配布されているAdobe Readerをダウンロードしてください。

 このページでは、PDFによる情報提供を行っております。
PDFによる入手が困難な場合は、高齢社会対策部在宅支援課認知症支援担当までお問い合わせください。