ページの先頭です
ここから本文です
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

成人ぜん息

最終更新日:平成29年4月21日 | 公開日:平成29年4月21日

質問する子どもイラスト

Q1
吸入ステロイドの副作用について教えてください。
A1
吸入ステロイド薬は、気管支に直接届くため(局所投与)、わずかな量でも十分に効果を発揮します。毎日続ける長期管理薬でも、正しい使い方をしていれば、副作用の心配はありません。
吸入ステロイド薬の一部が口の中に残ったままだと、のどの違和感や、口の中にカビが生えること(カンジダ症)があります。これを防ぐために、吸入の後は毎回うがいをしましょう。うがいができないときは、吸入後に水を飲んで胃に流します。
また比較的多い副作用として、嗄声(させい)があります。多くの場合は吸入ステロイド薬の種類を変えたり、量を減らしたりする事で改善します。嗄声があるからといって自分の判断で吸入ステロイド薬を中止せず、次に受診するまで続けて主治医と相談をしてください。
不安な点については、主治医に相談しましょう。
Q2
ぜん息カードについて教えてください。
A2
突然の発作はいつ起こるかわかりません。いったん発作が起きると、時には命にかかわる場合もあります。特に本人が一人で行動しているときや外出先などで、急に重い発作が起き、自分で対応できない場合には、周りの人に対応をお願いすることも必要になります。
そのような時に役立つのが「ぜん息カード」です。「ぜん息カード」には、氏名、生年月日、緊急時連絡先、通院している医療機関等が記入できます。かかりつけ医に必要なことを書いてもらい、必要な時にすぐ取り出せるようにしておきましょう。個人情報を記入するものなので、紛失等取り扱いには十分注意しましょう。
ぜん息カードは、パンフレット「ぜん息の患者さん、ご家族へ」(東京都作成)に掲載されています。

Q3
ぜん息の症状は季節によって影響を受けますか。
A3
ぜん息の発作は気温や天候、気圧の変化(曇天、台風、気温の急激な変化)などの気象の影響を受けることが知られています。気象予報等を参考にして、体調管理をしましょう。
Q4
吸入をする時に上手く吸入できているか心配です。吸入する時にどのようなことに気をつければよいでしょうか。
A4
吸入薬には、様々なデバイスの薬剤がありますので、自分が使用するデバイスの使い方を確認します。霧が出るタイプと粉を吸うタイプで吸い方に差があります。いずれも大切な点は、①きちんとデバイスを吸える状態にセットする、②深く息をはき吸い込む(息を吐いてからくわえて一息で吸い込む)、③霧の出るタイプではゆっくり大きく胸いっぱいまで、粉のタイプではできるだけ早く胸いっぱいまで吸い込む、④息を深く吸ったところで5秒程度とめる、の操作が大切です。最後に副作用の予防のために水でよいのでうがいをします。わからない場合は、医療機関や処方薬局でうまくできるまで指導を受けてください(デモ器をおいてないところもたくさんありますので、実薬で行う場合もあります)。

具体的な吸入の方法については、以下をご覧ください。

Q5
ぜん息の薬はいつまで続けなければいけないのでしょうか。
A5
ぜん息は、自覚症状のないときも、気道では炎症が続いています。普段から、長期管理薬(吸入ステロイド薬など)を用いて「気管支の炎症」を抑えておくことが大切です。薬の使用については自分の判断ではなく、医師によく相談し、自分の病態を知って治療を継続してください。
Q6
ピークフローやぜん息日誌をつけるとよいといわれますが、どうしてですか。
A6
ぜん息の状態は1日の内でも変化します。悪化しやすいのは夜間や早朝のことが多く、日中の外来の定期受診時には、状態の良い時が多いと言えます。定期受診までの間にどのような状態だったか、また日内変動はどうか等を的確に伝えやすくなり、主治医がぜん息の状態を把握しやすくなります。
Q7
アスピリンぜん息と言われましたが、どんなことに気をつければよいでしょうか。
A7
ぜん息のある人がアスピリンなどの含まれた薬を飲んだ時に強いぜん息発作を起こすことがあります。これをアスピリンぜん息といいます。飲み薬だけでなく貼り薬、塗り薬などでも起こることがありますので、他の科を受診するときには特に注意が必要です。ぜん息以外の症状で受診する時にもアスピリンぜん息であることを医師に伝えましょう。また、市販薬を購入する時には薬剤師にアスピリンぜん息であることを相談しましょう。
また着色料、保存料等でも発作を起こす場合がありますので、食物や健康食品にも十分に注意してください。

その他、よくある成人のぜん息に関するQ&A(治療、日常生活、薬に関すること等)は、独立行政法人環境再生保全機構のホームページに掲載されています。

このページは東京都 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 環境情報担当が管理しています。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る