ページの先頭です
ここから本文です
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症

最終更新日:平成29年4月21日 | 公開日:平成29年4月21日

ダニやハウスダストが原因の場合

生活環境からダニやカビなどの「抗原」を除去することが大切です。こまめな掃除や、温湿度の管理、定期的な寝具の処理など、室内環境の整備がポイントとなります。

花粉が原因の場合

「抗原」である花粉をいかにして避けるかが重要です。そのためには、花粉がいつ飛散するのか、どうすれば避けられるのかを知りましょう。

花粉はどんな日に多く飛ぶの?

スギ花粉やヒノキ花粉の飛散時期は、東京では2月から5月上旬までです。花粉の飛散量は飛び始めてから徐々に増え、スギ花粉は3月、ヒノキ花粉は4月に特に多くなってきます。
また、一般的に次のような日は花粉が多く飛散します。

  1. 最高気温が高めの日
  2. 雨上がりの翌日で天気がよい日
  3. 風が強く晴天で乾燥した日

特に、春一番のような気温が高く暖かな南風の吹く日は、花粉が多く飛散しますので御注意ください。

スギ花粉の飛散は4月にはだんだん少なくなりますが、ヒノキ花粉の飛散は5月ごろまで続きます。そのため、ヒノキ花粉にもアレルギーを持つ人は、毎年、5月ごろまで症状が続きます。
なお、ヒノキ花粉の飛散が終了しても症状が続く場合は、草などの花粉(下図参照)やダニ・ハウスダストが原因で症状が出ている場合があります。6月以降も症状が続く方は、改めて医療機関を受診するとよいでしょう。

花粉カレンダー

花粉を避ける方法

外出するとき

花粉の飛散シーズンに外出する場合は、マスクやメガネを着用し、花粉が目や鼻などに付かないよう注意しましょう。帽子をかぶることも効果があります。帰宅した時には、洋服や髪の毛に付いた花粉をよく払い落としてから家の中に入り、うがい・手洗い・洗顔をしましょう。

掃除・洗濯・布団干し

なるべく室内に花粉を入れないように注意しましょう。
掃除の際は、掃除機の使用に加え、ぬれ雑巾等で拭くことも効果的です。
花粉の飛散シーズン中、洗濯物はできるだけ屋内に干しましょう。布団は、布団乾燥機の使用が望ましいですが、屋外に出した場合でも、掃除機をかけることで、ある程度花粉を除去することができます。

花粉シーズンの生活の心得

まずは、症状を悪化させない生活の心得を身に付けましょう。

風邪を引かないこと

花粉の飛散シーズン前に風邪を引くと、粘膜の上皮が弱くなり、花粉症の症状がひどくなることがあります。

お酒を飲みすぎないこと

鼻づまりを悪化させる可能性があります。

たばこも控えめに

たばこも粘膜を傷つけます。
このように、風邪やお酒、たばこに気を付けるとともに、寝不足、過労にも注意し、規則正しい生活を送ることが重要です。

なお、特定の食材を摂取することで症状が大きく改善するような効果は、現在確認されていません。大切なことは、バランスのよい食生活を心掛けることです。

次:治療について

治療について

症状を抑える薬

症状が出る前に

予防的な治療として、花粉の飛散開始前または症状の軽い時から、症状を抑える薬(副作用の少ない経口のアレルギー治療薬)を服用する治療法が有効です。これを花粉の飛散シーズン中、継続して服用することにより、症状が比較的軽く済みます。花粉情報に注意し、強い症状が出始める前から対策をすることが大切です。

症状が出てからは

症状を軽くする薬(抗ヒスタミン薬やその他アレルギー治療薬)の使用が中心です。症状が重い場合には鼻噴霧用ステロイド薬を使うことがあります。その他、目の症状には抗アレルギー点眼薬などが使用されます。

花粉症の根治的な治療

舌下免疫療法イラスト

スギ花粉症を根本的に治すことが期待できる治療法として、『アレルゲン免疫療法』があります。
日本では、以前から皮下注射法が実用化されておりましたが、2年以上通院して注射を打たなければならないなどの理由から、あまり普及しませんでした。
そこで、都ではもっと利用しやすい根本的な治療法の開発・普及を目指し、スギ花粉症の舌下免疫療法の臨床研究を行いました(平成18年6月~平成21年4月)。その結果、症状が消失又は軽減した症例は約7割であり、有効性が確認され、平成26年秋に、スギ花粉症の舌下免疫療法が保険適用となりました。
この治療法は、皮下注射法に比べて通院回数が少なく、自宅で行え、苦痛や重大な副作用の少ないことが特徴です。ただし、花粉症の症状が出ている時は、この治療を始めることが出来ません。詳しくは、医師にご相談ください。

花粉症の基礎知識や予防方法などについては「花粉症一口メモ」をご覧ください。

東京都の花粉飛散情報は「東京都の花粉情報」をご覧ください。

このページは東京都 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 環境情報担当が管理しています。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る