このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 環境・衛生 の中の 動物愛護 の中の 鳥インフルエンザ の中の 高病原性鳥インフルエンザについて(鳥類を取り扱う動物取扱業の方へ) のページです。

本文ここから
環境・衛生

高病原性鳥インフルエンザについて(鳥類を取り扱う動物取扱業の方へ)

 アジアやヨーロッパなど世界各国から高病原性鳥インフルエンザの発生が報告されています。

高病原性鳥インフルエンザとは?

 鳥類がインフルエンザに感染して起こる病気を鳥インフルエンザといいます。鳥インフルエンザには、たくさんの株があり、鳥の種類や株により、感受性や病原性が異なります。
 高病原性鳥インフルエンザには、鳥インフルエンザの中で病原性の強弱にかかわらずH5あるいはH7亜型の株をいいます。
 病原性の強い株(強毒株)は、神経症状(首曲がり、元気消失等)、呼吸器症状、下痢、肉冠・肉垂の出血などの症状の後、高率に死亡します。香港、中国、米国、オランダ、ドイツ、ベトナム、韓国等世界各地で発生が報告され、平成16年に山口などで発生したものがこの株です。
 病原性が低い株(弱毒株)に感染した場合、軽い呼吸器症状、元気消失などの症状を示しますが、無症状の場合もあります。茨城県で発生が報告された事例がこの株になります。
 この病気は鳥から鳥へと直接感染するだけでなく、水、排泄物を介しても広がります。水鳥などの渡り鳥が伝播し、鶏、アヒルなどに広がると考えられています。
 諸外国では、この病気に感染した鳥に近距離で接触した場合やそれらの内臓や排泄物に接触した場合など、偶然に人に感染した例が報告されていますが、人から人への感染や鶏肉や卵を食べて感染した例は報告されていません。
 

鳥類取扱施設での対策

  • 日常の衛生管理に留意するとともに、飼養鳥が水鳥や渡り鳥などの野鳥に接触したり、水鳥のくる河川等の水に触れないように飼養管理に注意してください。
  • 健康異常のある鳥は早めに獣医師に受診してください。
  • 鳥類取扱関係者は、この病気の発生地を訪問することは控えるようにしてください。

詳しい管理方法⇒ペットの鳥を鳥インフルエンザに感染させないための対策について

鳥インフルエンザについて詳しいことは、下記のQ&Aを御参照ください。

高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)への対応
(東京都産業労働局)

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 動物管理担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

鳥インフルエンザ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る