このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 環境・衛生 の中の 動物愛護 の中の 東京都動物愛護管理審議会 の中の 東京都動物愛護管理審議会とは のページです。

本文ここから
環境・衛生

東京都動物愛護管理審議会とは

 東京都動物愛護管理審議会は、東京都動物の愛護及び管理に関する条例(平成18年東京都条例第4号)第33条に基づいて設置され、次に掲げる事項について調査・審議する知事の附属機関です。

1 動物の愛護に関すること
2 動物の適正な飼養又は保管に関すること
3 動物による人の生命等に対する侵害の防止に関すること

 なお、平成14年4月1日の条例改正に伴って、審議会の名称は動物「保護」管理審議会から、動物「愛護」管理審議会に変更されました。

第1回諮問

 昭和57年3月、「動物保護相談員の設置について」諮問しましたが、昭和59年11月に「時期尚早である」との中間報告を受け、制度設置は見送られました。

第2回諮問

 平成2年10月、「東京都における動物の適正飼養の推進策について」諮問し、平成4年7月に答申を受けました。
 答申は、飼い主、動物取扱業者、実験動物の取扱い及び行政施策などの問題点を明らかにし、その対応策として、強力に推進すべき施策について提言しています。

第3回諮問

 平成10年7月15日、「猫の適正飼育推進策と動物取扱業者の指導育成策について」諮問し、平成11年3月29日に答申を受けました。
 猫の適正飼育推進策については、法的規制によるのではなく、人々の意見に基づく社会的ルールによって推進されるべきとして、対策が提言されました。
 動物取扱業者の指導育成策については、新たな制度の導入と指導体制の整備が提言されました。

第4回諮問

 平成15年8月7日、「「東京都動物愛護推進総合基本計画」の策定について」諮問し、平成16年1月20日に答申を受けました。
 東京都の動物の愛護及び管理に関する条例の目指す「人と動物との調和のとれた共生社会の実現」に向けて、動物の愛護及び適正飼養のあり方の展望が示されました。

第5回諮問

 平成18年2月10日、「東京都における今後の動物愛護管理行政のあり方について」諮問し、平成18年12月21日に答申を受けました。
 東京都の動物愛護管理行政の基本理念である「人と動物との調和のとれた共生社会の実現」の観点から審議が進められ、「家族の一員」から「地域の一員」へという基本的な考え方を新たに打ち出すとともに、取り組むべき5つの主な課題が示されました。

第6回諮問

 平成24年8月30日、「東京都における今後の動物愛護管理行政のあり方について」諮問し、平成26年1月9日に答申を受けました。
 第5回答申を踏まえて都が策定した東京都動物愛護管理推進計画(平成19年4月)について、施策の取組状況を評価するとともに、動物愛護管理法等の改正(平成25年9月施行)に伴う新たな課題への対応について審議が行われ、「人と動物との調和のとれた共生社会の実現」を目指して、取り組むべき4つの主な課題と施策の方向性が示されました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 動物管理担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る