このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 環境・衛生 の中の 資格試験免許 の中の 理容師・美容師 の中の 資格認定講習会修了証書の書換交付・再交付申請 のページです。

本文ここから
環境・衛生

資格認定講習会修了証書の書換交付・再交付申請

東京都知事が指定した管理理容師・管理美容師の資格認定講習会を受け、講習会修了証書の交付を受けた方のうち、氏名に変更のあった場合の書換交付や紛失・き損した場合の再交付の申請ができます。

申請先

講習会を受講した年や受講機関によって、申請先・申請方法が異なりますので、該当の機関にお問い合わせください。

昭和57年4月1日以降に講習会を受講された方

公益社団法人 理容師美容師試験研修センター(電話:03-5579-0911)にお問い合わせください。

昭和45年4月1日から昭和56年3月31日までの間に講習会を受講された方

  • 修了証書の発行者名が東京都知事名ではない方

  公益社団法人 理容師美容師試験研修センター(電話:03-5579-0911)にお問い合わせください。

  • 修了証書の発行者名が東京都知事名の方

  福祉保健局健康安全部健康安全課試験・免許担当
  東京都庁第一本庁舎21階南側
  電話:03-5320-4358(直通)
  
※紛失等で、発行者が不明な場合は、福祉保健局健康安全部健康安全課試験・免許担当(電話:03-5320-4358)にお問い合わせください。
※申請先が東京都の方につきましては、東京都より修了証書の替わりとなる「資格認定講習会修了証明書」を交付いたします。交付は、申請書を受理してから1週間から2週間程度かかります。

【注意】東京都へ申請をされる方は、講習会の受講状況を確認いたしますので、必ず事前に、お問い合わせの上、手続きをしてください。

受付時間

月曜日から金曜日まで(祝日、12月29日から1月3日を除く。)
午前9時から午後5時まで

必要書類等(窓口での申請の場合)

1 資格認定講習会修了証明書交付願

※窓口にも備え付けがございます。

2 本人確認ができる書類

 ※運転免許証や健康保険証など

3 戸籍抄(謄)本(受講時と現在の氏名が異なる場合のみ)

 ※6か月以内に発行され、氏名の変更の履歴が確認できるもの(コピー不可)
 ※戸籍抄(謄)本だけでは氏名の変更の履歴が確認できない場合は、併せて除籍証明その他の証明書の提出が必要です。
 ※氏名が複数回変更している場合は、受講時から現在までの変更の流れが全て確認できる書類が必要になります。
 例: 【受講時】 東京 → 山田 → 【現在】 関東

4 資格認定講習会修了証書

 ※お持ちの場合のみ必要です。

5 手数料 400 円(現金)

6 392円分の郵便切手

 ※郵送での受け取りを希望する場合にのみ必要です。

必要書類等(郵送での申請の場合)

郵送での申請をご希望の方は、次の必要書類等を揃えて、現金書留で申請先まで送付してください(現金書留の封筒に必要書類等を全て入れて送付してください。)。

1 資格認定講習会修了証明書交付願

2 住民票・戸籍抄(謄)本等

(1) 受講時と現在の氏名が同じ場合
 住民票又は戸籍抄(謄)本のいずれか1つ(6か月以内に発行されたもの。コピー不可)
 ※住民票は、個人番号(マイナンバー)が省略されているもの

(2) 受験時と現在の氏名が異なる場合
 戸籍抄(謄)本(6か月以内に発行され、氏名の変更の履歴が確認できるもの。コピー不可。)
 ※戸籍抄(謄)本だけでは氏名の変更の履歴が確認できない場合は、併せて除籍証明その他の証明書の添付が必要です。

3 資格認定講習会修了証書

 ※お持ちの場合のみ必要です。

4 手数料 400 円(現金)

5 宛先を書いた返信用封筒と392円分の郵便切手

 ※定型封筒(長形3号:縦24センチメートル×横12センチメートル)に、宛先を記入の上、392円分の郵便切手を貼ってください。
 ※証明書は、簡易書留で送付します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 健康安全課 試験・免許担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る