このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 高齢者 の中の 自立生活の支援 の中の 東京ホームタウンプロジェクト のページです。

本文ここから
高齢者

東京ホームタウンプロジェクト

平成27年7月15日更新
福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課在宅支援係

 東京都では、東京の強みを活かした地域包括ケアシステムの構築を進めるため、新規事業として「東京ホームタウンプロジェクト」を立ち上げ、Webサイトを開設いたしました。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京ホームタウンプロジェクト

「東京ホームタウンプロジェクト」サイトバナー


「いくつになっても、いきいきと暮らせるまちをつくる」
東京ホームタウンプロジェクトが掲げるスローガンです。

 団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保される体制「地域包括ケアシステム」の構築を推進していくことが求められています。「地域包括ケアシステム」は、地域の自主性や主体性にもとづき、地域の特性に応じて作り上げていくことが必要です。
 いままさに、高齢社会や地域づくりをめぐる諸課題に向き合い、“わが街”の地域包括ケアシステムの姿を描くための取り組みが、都内各地において展開されています。

 この東京ホームタウンプロジェクトは、地域の様々な方々の「地域のために何か取り組みたい」という「想い」を発掘・集約し、東京という大都市における「互助」を意識的に強化するための支援策を実行していきます。
 東京の強みである活発な企業活動、豊富な経験と知識を持った多くの人たちの力を活かし、地域の現場だけでなく、東京で働き、暮らす、多様な人や組織が関わりながら、東京らしい地域づくりに向けてチャレンジすることを目的としたプロジェクトです。

1.本プロジェクトの概要

1 地域貢献活動の活性化を促すWebサイトの開設(http://hometown.metro.tokyo.jp/

2 「プロボノ」を活用した地域福祉団体の運営基盤の強化

3 新たな担い手・活動の創出のためのセミナー開催

2.Webサイトの特徴

○ 進捗状況をリアルタイムに更新、課題解決のモデルケースを提示

○ 幅広い世代や多様な分野の人が興味を持てるコンテンツ

3.本プロジェクトによる支援先の募集

 現在、東京ホームタウンプロジェクトの支援プログラムである「ホームタウンプロボノ」「プロボノONE DAYチャレンジ」を活かして、組織基盤強化に取り組む地域福祉の担い手団体の皆さまを募集しています。詳しくは、在宅支援課からのお知らせをご覧ください。

(在宅支援課からのお知らせ)

4.都事業概要

お問い合わせ

このページの担当は 高齢社会対策部 在宅支援課 在宅支援担当 です。

本文ここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る