このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 高齢者 の中の 施設案内 の中の 施設一覧 の中の 施設をお探しの方へ のページです。

本文ここから
高齢者

施設をお探しの方へ

1 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

 特別養護老人ホームは、常時介護が必要で家庭での生活が困難な場合に入所する施設です。
 要介護者に対して、(1)入浴・排泄・食事等の介護等の日常生活上の世話、(2)機能訓練、(3)健康管理、(4)療養上の世話を行います。

2 介護老人保健施設

 介護老人保健施設は、病状が安定し、リハビリを中心とする医療ケアと介護を必要とする場合に入所する施設です。
 (1)看護、医学的管理下での介護、(2)機能訓練等、(3)その他の必要な医療等を行います。

3 有料老人ホーム

 有料老人ホームは、高齢者の方が入居し、食事や生活サービスが提供されるホームです。(特別養護老人ホームやケアハウスなどの老人福祉施設は除く。)
 東京都内で有料老人ホームを開設する場合は、老人福祉法により都知事への届出が義務付けられています。

東京都有料老人ホーム重要事項説明書一覧

 なお、東京都内におけるサービス付き高齢者住宅のうち、有料老人ホームに該当する住宅については、次のリンクの一覧をご参照ください。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/jiritsu_shien/tekigou_tokutei/sabisutukijyuutaku.html

 東京都有料老人ホーム設置運営指導指針に対する適合状況について、平成24年3月1日開設の施設から順次掲載していきます。
 なお、適合表とは、入居者(又は入居予定者)が契約内容等を十分理解した上で入居契約を締結できるよう説明する重要事項説明書の一部として、東京都有料老人ホーム設置運営指導指針に適合しているかを示したものです。

東京都有料老人ホーム設置運営指導指針

4 軽費老人ホーム(ケアハウス)

 軽費老人ホームは、低所得階層に属する高齢者であって、家庭環境、住宅事情等の理由により居宅において生活することが困難な方が、低額な料金で利用し、健康で明るい生活を送れることを目的とした施設です。
 対象は、家庭環境、住宅事情等の理由により居宅において生活することが困難な60歳以上の方(配偶者ともに利用するときはどちらかが60歳以上)となります。
 なお、収入や身体状況、要介護認定等が要件となる場合があります。

5 認知症高齢者グループホーム

 認知症高齢者グループホームは、比較的安定状態にある認知症の要介護者が少人数で共同生活をおくるホームで、入浴、排泄、食事等の介護等の日常生活上の世話や、機能訓練を受けます。

6 小規模多機能型居宅介護・看護小規模多機能型居宅介護

 小規模多機能型居宅介護とは、通いを中心として、利用者の態様や希望に応じて、随時訪問や宿泊を組み合わせてサービスを提供することにより、利用者の居宅における生活の継続を支援するものです。
 看護小規模多機能型居宅介護とは、訪問看護及び小規模多機能型居宅介護の組合せにより提供されるサービスで、医療ニーズの高い利用者の状況に応じたサービスの組合せにより、地域における多様な療養支援を行います。

7 養護老人ホーム

 養護老人ホームは、経済的に困窮かつ、現在おかれている環境では在宅で生活することが困難な高齢者が入所する施設です。
 入所は、老人福祉法第11条に基づく措置権者(区市町村)の判断により行われます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 高齢社会対策部 施設支援課 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

施設一覧

  • 施設をお探しの方へ
ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る