このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 生活の福祉 の中の 生活困窮者自立支援制度 の中の 生活困窮者自立支援制度について のページです。

本文ここから
生活の福祉

生活困窮者自立支援制度について

 経済的に困窮し、最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある方に対して、個々の状況に応じた支援を行い、自立の促進を図ることを目的としています。

制度の仕組み

 区市(町村部については東京都)が実施主体となり、複合的な課題を抱える生活困窮者を幅広く受け止め包括的な相談支援を行う自立相談支援事業(必須事業)と、本人の状況に応じた支援を行う各支援事業(任意事業)があり、自立相談支援機関において策定される自立支援計画に基づき、各種支援が行われます。

必須事業

(1)自立相談支援事業
 就労その他の自立に関する相談支援、自立に向けた支援計画の作成等を実施します。

(2)住居確保給付金の支給
 離職により住居を失った方に対し、家賃相当額を有期で給付します。

任意事業

(1)就労準備支援事業
 就労に必要な訓練を、日常生活自立、社会生活自立段階から有期で実施します。

(2)一時生活支援事業
 住居のない方に対して、一定期間宿泊場所や衣食の提供等を行います。

(3)家計相談支援事業
 家計に関する相談、家計管理に関する指導、貸付のあっせん等を行います。

(4)子供の学習支援事業
 子供に対して、学習支援や保護者への進学助言等を行います。

※任意事業の実施については、自治体によって異なります。
各区市の任意事業の実施状況については以下を御参照ください。

任意事業実施状況(区部)

任意事業実施状況(市部)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(参考)制度概要(厚生労働省のサイトへ移動します)

相談窓口一覧

 相談・申請は、最寄りの区役所・市役所、町村部については東京都西多摩福祉事務所及び各支庁が行っています。

PDFファイルによる情報の入手が困難な場合は、生活援助担当(電話03-5320-4072)へお問い合わせください。

生活困窮者就労訓練事業の申請

生活困窮者就労訓練事業の申請について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 生活福祉部 生活支援課 生活援助担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る