このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都芝浦食肉衛生検査所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都芝浦食肉衛生検査所 の中の お知らせ の中の 豚の食肉の生食用としての販売・提供禁止 のページです。

本文ここから

豚の食肉の生食用としての販売・提供禁止

豚の食肉(内臓含む)はすべて加熱用です

食品衛生法の食品、添加物の規格基準が改正され、平成27年6月12日から、豚の食肉の生食用としての販売・提供が禁止になりました。

主な改正点
1 豚の食肉(内臓を含む)は、「加熱用」として販売・提供しなければなりません。
2 豚の食肉を使用して、食品を製造、加工又は調理する場合は、豚の食肉の中心部の温度を63度で30分間以上加熱するか、又はこれと同等以上の殺菌効果を有する方法で加熱殺菌しなければなりません。
3 豚の食肉を販売・提供する場合には、中心部まで十分な加熱が必要である旨の情報を提供しなければなりません。

参考 
東京都福祉保健局ホームページ「食品衛生の窓」

関係通知等

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 芝浦食肉衛生検査所 管理課 業務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る