このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都児童相談センター・児童相談所 の中の 虐待対策 の中の 児童虐待防止推進月間~オレンジリボンキャンペーン~ のページです。

本文ここから

児童虐待防止推進月間~オレンジリボンキャンペーン~

オレンジリボンキャンペーンとは


オレンジリボン

 オレンジリボンには「児童虐待防止」というメッセージが込められています。一人でも多くの方々に「児童虐待防止」に関心を持ってもらい、子供たちの笑顔を守るために一人ひとりに何が出来るのかを呼びかけていく活動が「オレンジリボンキャンペーン」です。
 11月の「児童虐待防止推進月間」を中心に、国や地方自治体、NPO法人だけでなく、民間企業やスポーツ団体等の協力も得ながら、様々な児童虐待防止普及啓発のためのキャンペーンイベントを展開します。
→オレンジリボン運動公式サイト(NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク)

 また、児童虐待防止に係る普及啓発キャラクターである「OSEKKAIくん」と共に、オレンジリボンキャンペーンの取り組みをいっそう広げてまいります。
詳しくはこちらをご覧下さい。

おせっかいくん
優しく、温かく、親子を見守るOSEKKAIくん

※ 九都県市首脳会議の構成員、会議の目的等や第63回九都県市首脳会議における子どもの笑顔を守る共同宣言に関する意見交換の状況については、九都県市首脳会議のホームページで確認できます。

九都県市首脳会議ホームページ(外部リンク)

○このページでは、「子どもの笑顔を守る共同宣言」に合わせて「子ども」の表記を用いています。

平成30年度「児童虐待防止推進月間」標語について

 児童虐待防止推進月間の取組の一つとして、厚生労働省が主催し、国民一人ひとりが児童虐待問題についての理解を一層深め、主体的なかかわりを持てるように意識啓発を図ることを目的として、標語の全国公募を行っています。厳正な選考の結果、次の作品が平成30年度「児童虐待防止推進月間」標語(最優秀作品)として決定いたしました。

「未来へと 命を繋ぐ 189(いちはやく)」

厚生労働省児童虐待防止推進月間ポスター

オレンジリボン運動公式ポスターコンテスト2018 東京都福祉保健局長賞

児童虐待問題への関心を高めることを目的にNPO法人児童虐待防止全国ネットワークの主催により行われるポスターコンテストにおいて、特別賞として、東京都福祉保健局長賞を設けています。

オレンジリボン運動公式ポスターコンテスト2018東京都福祉保健局長賞

平成30年 東京都で実施されるオレンジリボンキャンペーンについて

○味の素スタジアムにおける児童虐待防止キャンペーン 
・日時 10月20日(土曜日)
・場所 味の素スタジアム「FC東京vsセレッソ大阪戦」試合会場(19時試合開始)
・J1リーグ「FC東京」の試合会場で、児童虐待防止啓発のグッズを配布します。
・グッズの配布は午後4時45分から会場入口にて行います。
※試合観戦には別途チケットが必要です。

○高田馬場駅前における新宿区・東京都子供家庭総合センター合同子供の健やかな育ちを支えるキャンペーン
・日時 11月20日(火曜日)15時から
・場所 JR・西武新宿線 高田馬場駅前 BIGBOX高田馬場1階建物前周辺
・新宿区、東京都子供家庭総合センター(東京都児童相談センター、東京都教育相談センター、警視庁新宿少年センター)、戸塚警察署、東京都女性相談センター、東京養育家庭の会等と共同で、パンフレットやグッズを配布します。
・当日は、吉住区長とともに新宿区特使の「鉄腕アトム」が参加します。

○東京ドームにおける児童虐待防止キャンペーン
・日時  12月17日(月曜日) 
・場所  東京ドーム「アメリカンフットボールXリーグ決勝戦 JAPAN X BOWL戦」
      試合会場(19時試合開始)
・「Xリーグ決勝戦」の試合会場で、児童虐待防止啓発のグッズを配布します。
・グッズの配布は17時頃から会場入口にて行います。
・日本社会人アメリカンフットボールの選手は、ヘルメットにオレンジリボンシールを貼付しています。
※試合観戦には別途チケットが必要です。

○「オレンジゴスペル2018」の後援

○「子ども虐待防止オレンジリボンたすきリレー2018」の後援

○「子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会2018」の後援

その他区市町村等と協力し、児童虐待防止啓発リーフレットやグッズ配布のキャンペーンを実施します。

お問い合わせ

このページの担当は 児童相談センター 事業課 事業担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

虐待対策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。