このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 子供家庭 の中の 保育サービス の中の 認可外保育施設 について の中の 認可外保育施設に関するQ&A のページです。

本文ここから
子供家庭

認可外保育施設に関するQ&A

Q 「認可外保育施設」とは、どのような施設ですか

A 一般的には、「無認可」とも言われています。
 保育施設は、大きく分けて「認可等を受けて運営する保育所(ここでは「認可保育所等」と言います。)」と「認可を受けずに運営する保育施設(ここでは「認可外保育施設」と言います。)」とに分類されます。
 まず、児童福祉法第35条第3項に基づき区市町村が設置した、又は同条第4項に基づき、民間事業者等が都道府県知事の認可を受け設置した保育所を「認可保育所」といいます。
 また、平成27年度から子ども子育て支援制度が始まり、地域の実情に応じて実施される「地域型保育事業」ができました。地域型保育事業には、(1)家庭的保育事業、(2)小規模保育事業、(3)事業所内保育事業、(4)居宅訪問型保育事業の4類型があり、児童福祉法第34条の15第1項に基づき区市町村が自ら行うものと、同条第2項に基づき、民間事業者等が区市町村長の認可を受けて行うものがあります。
 さらに、就学前の教育・保育を一体的に行う幼保連携型認定こども園があります。認定こども園法(就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律)第16条に基づき区市町村が設置する施設と、同法第17条第1項に基づき民間事業者等が都道府県知事の認可を受けて設置する施設があります。
 「認可外保育施設」とは、上記の「認可保育所等」以外の子供を預かる施設(保育者の自宅で行うもの、少人数のものも含む。)の総称です。
 施設の名称は、○○保育所、○○保育園、○○保育室、○○託児所、○○ベビールームなど、さまざまです。また、その施設や保育の内容は、施設により相当異なっています。

保育施設の分類

※「認可外保育施設」には、認可を受けずに児童の居宅等に訪問して行う事業も含まれます。認可外の居宅訪問型保育事業の詳細は、以下のページを参照してください。

Q 認可保育所等と認可外保育施設はどのような違いがありますか

A 主な違いは、次のとおりです。
(1)設置基準
 認可保育所等は条例・規則に基づく設置・運営基準が、認可外保育施設は要綱に基づく設置・運営基準があります。
(2)事業の目的
 認可保育所等は、保護者が仕事で世話をする人がいないなど、「保育の必要性」があると区市町村が認定した児童を保育する施設であり、区市町村の子ども子育て支援事業計画に基づき計画的に設置される施設です。
 認可外保育施設は、設置者が自由に設置できます。
(3)申込方法
 認可保育所等は、保護者が区市町村の窓口に申し込み、申込者が定員を上回る場合は、区市町村が選考・調整します。
 認可外保育施設にはそのような制限はなく、希望すれば誰でも施設に直接申し込み、契約することができます。選考方法は、認可外保育施設でそれぞれ異なります。
(4)保育料
 認可保育所等は、区市町村が保護者の収入に応じて定めているため、その地域内のどの保育所に入所しても原則同じ金額になります。
 認可外保育施設は、設置者が自由に設定できるため、施設によってさまざまです。
(5)運営費
 認可保育所等は、運営費等が国、都、区市町村から出ています。
 認可外保育施設は、一部の補助対象施設(東京都認証保育所、区市町村の実施する保育室等)を除き、原則として保護者からの保育料のみで運営しています。

Q 認可外保育施設は、基準を満たさないので認可保育所等になれないのですか

A 一口に認可外保育施設といっても、その目的や特徴、目指す保育内容はさまざまです。
 認可外保育施設は、補助金等の収入源がなく、その基準は認可保育所等よりも緩やかに定められていますが、だからといって認可保育所等より劣っていると一概にはいえません。また、すべての認可外保育施設が、必ずしも認可保育所等を目指している訳ではありません。
 例えば、認可保育所という制度になじまない、特定の子供を預かるための施設もあれば、特徴的な教育プログラムを実践したいという施設もあります。また、認可保育所等は区市町村が計画的に設置しているので、認可外保育施設が認可基準を満たせば、自動的に認可保育所等になるということではありません。
 認可保育所等だから良い、認可外保育施設だから悪いということではないので、保護者自身の目で直接確認し、十分な説明を受け、納得した上で選ぶことが大切です。

Q 認可外保育施設は、都や区市町村とどのような係わりがありますか

A すべての施設が、都道府県が行う指導監督(報告徴収、立入調査など)の対象となります。立入調査には、区市町村の職員が同行します。
 また、東京都では、すべての施設が開設、変更、休止、廃止の届出を行う必要があります。
 開設や運営に当たっては、児童の安全及び適切な保育水準確保の観点から、「認可外保育施設に対する指導監督要綱」に定める基準を満たす必要があります。
 また、補助対象施設には、都や区市町村が補助を行っています。

Q 「立入調査」とは、どのような調査ですか

A 児童福祉法等に基づき、都が区市町村と協力して行う調査のことで、東京都認可外保育施設指導監督基準を満たした適切な運営・保育内容であるか、施設へ立ち入って調査します。
 なお、ベビーホテルについては、原則として年1回以上しており、その調査結果について、ホームページで広く公開していますので、施設を選ぶ際の参考資料としてください。

Q 認可外保育施設の料金はどのように決められているのですか

A 補助対象施設を除き、料金の定めや上限額はありません。サービス内容に応じて、料金の仕組みも金額もさまざまなので、施設に直接問い合わせてください。
 一般的には、児童の年齢や利用時間に応じた、月極・時間単位の基本料金や延長料金などが設定されている施設が多いようです。また、入会金、食事代やおむつ代、その他のサービスなどが別料金の施設もあります。
 なお、施設を利用する際は、事前に契約内容と料金について十分に確認しましょう。
 通常、認可保育所等や補助を受けている認可外保育施設に比べ、収入を利用料金に頼る認可外保育施設は、利用料金が高くなる傾向があります。事業者が非営利目的で運営している場合などの例外を除き、安すぎる料金は、どこか無理があるのではと思ったほうがよいでしょう。

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 保育支援課 地域保育担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る