このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 子供家庭 の中の 子供家庭施策 の中の 次世代育成支援東京都行動計画(前期計画) の中の 次世代育成支援東京都行動計画(前期)の実績について のページです。

本文ここから
子供家庭

次世代育成支援東京都行動計画(前期)の実績について

 東京都では、次世代育成支援対策推進法に基づき、平成17年4月に「次世代育成支援東京都行動計画(前期)」(以下「前期計画」といいます。)を策定しました。
 さらに、前期計画策定後の子育てをめぐる環境や社会情勢の変化を踏まえ、前期計画を補足するとともに、大都市東京のニーズに応え、喫緊の課題について重点的に取り組んでいくための方向性を、平成19年12月に「子育て応援都市東京・重点戦略」(以下「重点戦略」といいます。)として取りまとめました。東京都では、この重点戦略と前期計画とを一括して進行管理することにより、次世代育成支援施策を推進していくことといたしました。

次世代育成支援東京都行動計画(前期)

  • 計画期間  平成17年度から平成21年度 
  • 計画事業  160事業(うち32事業について目標を設定)
  • 5つの目標

1 地域で安心して子育てができる新たなしくみづくり
2 仕事と家庭生活との両立の実現
3 次代を担う子供達がたくましく成長し自立する基盤づくり
4 特別な支援を必要とする子供や家庭の自立を促進する基盤づくり
5 子供の安全と安心を確保し、子育てを支援する環境づくり

子育て応援都市東京・重点戦略

  • 計画期間  平成20年度から22年度 3ヵ年
  • 計画事業  52事業

 また、前期計画の実績を踏まえ、平成22年4月に「次世代育成支援東京都行動計画(後期)」(以下「後期計画」といいます。)を策定しました。
後期計画では、重点戦略の事業や、保育・医療・雇用・住宅などの各施策を重層的・複合的に展開し、子育て家庭が選択できるサービスを質・量ともに大幅に拡充するために取りまとめた「『少子化打破』緊急対策」の事業も含め、引き続き次世代育成支援施策を推進していくこととしています。

 平成21年度末で前期計画が終了しましたので、前期計画の5年間の実績(重点戦略も含む)及び後期計画の取組について、以下のとおり取りまとめました。

前期計画の実績

後期計画の取組について

次世代育成支援東京都行動計画(後期)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 計画課 計画担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

次世代育成支援東京都行動計画(前期計画)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る