このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 子供家庭 の中の 子育て支援 の中の 赤ちゃん・ふらっと事業(東京都内の授乳室・おむつ替えスペース) のページです。

本文ここから
子供家庭

赤ちゃん・ふらっと事業(東京都内の授乳室・おむつ替えスペース)

「赤ちゃん・ふらっと」って?

 「赤ちゃん・ふらっと」は、小さなお子様を連れた方が安心してお出かけできるよう整備された、授乳やおむつ替え等ができるスペースの愛称です。
 都では、公園や児童館などの公共施設、その他小さなお子様を連れて出かける身近な地域への整備を推進しています。

赤ちゃん・ふらっと一覧

平成29年3月9日現在の届出施設は1459か所です。
各施設の詳細については、上の添付ファイルをご覧ください。

※ 以下の施設が新規登録されました!!

墨田区

オープンハウス 錦糸町南営業センター
オープンハウス 錦糸町北営業センター

目黒区

オープンハウス 自由が丘営業センター

大田区

オープンハウス 蒲田営業センター

世田谷区

・オープンハウス 桜新町営業センター

渋谷区

オープンハウス 渋谷営業センター
オープンハウス 笹塚営業センター

中野区

オープンハウス 中野営業センター

豊島区

オープンハウス 池袋営業センター
・区民ひろば池袋本町

荒川区

オープンハウス 日暮里営業センター

練馬区

オープンハウス 練馬営業センター

足立区

オープンハウス 北千住営業センター

江戸川区

オープンハウス 西葛西営業センター

八王子市

八王子市由木東市民センター

武蔵野市

オープンハウス 吉祥寺営業センター

赤ちゃん・ふらっとの探し方

 東京都の子育て応援サイト「とうきょう子育てスイッチ」で「赤ちゃん・ふらっと」のある施設を以下のようなマップからお探しいただけます。
 赤ちゃん・ふらっと以外にも様々な子育てサービスが検索できますので、ぜひともご利用ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。子育て応援とうきょう会議HP「とうきょう子育てスイッチ」

おでかけマップ画面

「赤ちゃん・ふらっとマーク」について

 「赤ちゃん・ふらっと」には、以下の「赤ちゃん・ふらっとマーク」が掲示されています。
 赤ちゃん・ふらっとマークには、大(直径20センチメートル)と小(直径10センチメートル。裏面がシール加工)の2種類があります。

赤ちゃん・ふらっとマークの見本

赤ちゃん・ふらっと事業の内容

1 実施主体

 都内に「赤ちゃん・ふらっと」を設置する者(行政、民間を問いません。)

2 事業内容

 「赤ちゃん・ふらっと」を設置し、運営管理を行うとともに、都が交付する適合証を「赤ちゃん・ふらっと」の出入口や窓等、利用者に分かりやすい場所に表示します。

3 事業開始の手続

(1) 事業開始届の提出
 事業主は事業の開始に当たり、以下の実施要綱に定める「赤ちゃん・ふらっと事業開始届」を必要書類とともに提出します。
(2) 提出(郵送)先
〒163-8001(住所不要)
東京都福祉保健局少子社会対策部家庭支援課子育て事業担当

4 適合証の交付

 提出された事業開始届について、内容を確認し、「赤ちゃん・ふらっとマーク」を記載した適合証を交付します。

5 届け出施設の公表

 当ホームページ及び子育て応援とうきょう会議HP「とうきょう子育てスイッチ」において「赤ちゃん・ふらっと」の所在地及び事業主の名称等を公表し、小さなお子様を連れた方に利用を呼びかけます。

6 事業の根拠・届出様式

区市町村職員の方へ

 都内自治体が設置する公共施設については、以下の届出様式にてご申請いただけます。

赤ちゃん・ふらっとの基準・留意点等

1 設備

(1) 授乳ができる場所(プライバシーの確保ができる対応をすること。)
(2) おむつ替えができる設備(ベビーベッド、おむつ替え台等)
(3) 調乳用の給湯設備(給湯設備がない場合は、調乳用のお湯を提供するための代替措置でも構いません。)
(4) 手洗い設備(施設内の他の設備で代替することができます。)
(5) 冷暖房設備(赤ちゃん・ふらっとを含む施設全体で空調管理を行う場合は不要です。)
 上記は必ずしも同一室内に整備する必要はありません。一体的に利用できるよう案内してください。

2 配慮すること

(1) 事業主は、自己の責任において赤ちゃん・ふらっとの運営管理に当たります。

  • 運営管理の責任者を置きます。
  • 施設の内外において赤ちゃん・ふらっとの場所が分かるよう案内の掲示などに配慮します。
  • 災害等非常時における安全の確保について配慮します。

(2) 運営管理責任者は、安全及び衛生管理に務めます。

  • 換気、保温、清掃等、清潔で良好な状態の維持
  • 事故や盗難の防止
  • 不審者の侵入等の防止

3 適合証の表示

 事業主は、都から交付された適合証を赤ちゃん・ふらっとの出入口や窓等、利用者に分かりやすい場所に表示します。

赤ちゃん・ふらっとのイメージ図

おむつ替えのできる台、給湯設備、カーテン等で仕切られた授乳設備を設置します。授乳設備とおむつ替え設備は別の場所でも構いません。

赤ちゃん・ふらっと事業 区市町村関連リンク

板橋区

赤ちゃんの駅

八王子市

赤ちゃん・ふらっと(赤ちゃん・ふらっと整備事業補助金)


【読み上げブラウザを御使用の方へ】
 このページには、PDFファイルによる情報提供を行っている箇所がございます。
 PDFファイルによる情報の入手が困難な場合は、少子社会対策部家庭支援課子育て事業担当へお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 家庭支援課 子育て事業担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る