このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

管内概要

小笠原村は、太平洋上に散在する島々(小笠原諸島)からなっています。現在住民が定住しているのは父島・母島のみです。

父島は東京の南方海上約984キロメートルに位置しています。島のほぼ中央の中央山から四方に山稜が走り、周囲はほとんど切り立った崖となり、平地は少ないです。
母島は、父島の南方海上約50キロメートルに位置する南北に長い島です。

気候は亜熱帯海洋性気候に属し、1年を通じて温暖多湿で、平均気温は23度、冬季でも18度と雪や霜を見ることはまったくありません。

小笠原(父島)と東京(竹芝)間は、およそ週1便の「おがさわら丸」が片道約24時間で運行しており、父島と母島との連絡は、「ははじま丸」が片道約2時間でほぼ毎日運行しています。

旭山から二見湾を望む
旭山から眺めた二見湾

小笠原の保健所
小笠原保健所

お問い合わせ

このページの担当は 島しょ保健所 小笠原出張所 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。