東京都認知症対策推進会議

〜認知症の人が安心して暮らせるまち・東京を目指して〜

東京都認知症対策推進会議(H19〜)

 平成18年度の「認知症高齢者を地域で支える東京会議」の成果を踏まえ、東京都認知症対策推進会議では、「認知症になっても認知症の人と家族が地域で安心して暮らせるまちづくり」を目指し、中長期的・具体的な認知症対策について様々な角度から検討しています。
 また、課題や分野に応じた専門部会を設置し、専門的・集中的議論を進めています。

【専門部会】認知症医療部会(H24〜)

 認知症医療部会では、東京都保健医療計画(精神疾患)の策定に関すること、都における認知症疾患医療センターの機能・必要数等についての検討を行っています。 

【専門部会】認知症ケアパス部会(H23)

 認知症ケアパス部会では、地域における認知症に係る医療、介護関係者の連携、協働体制の構築に有効な情報共有の仕組及びツールについて検討しました。

【専門部会】東京都における認知症疾患医療センターのあり方検討部会(H22)

 東京都における認知症疾患医療センターのあり方検討部会では、東京の認知症の方の地域生活を支える医療体制の強化に向け、東京都における認知症疾患医療センターのあり方について、検討を行いました。

【専門部会】若年性認知症支援部会(H20〜H21)

 若年性認知症支援部会では、高齢者とは異なる、若年性認知症に特有の課題に配慮した支援策の検討を行いました。

【専門部会】仕組み部会(H19〜H21)

 仕組み部会では、地域の人的資源・社会資源が参画したネットワークを構築することにより、認知症の人・家族を「面的」に支える仕組みの構築を行うための検討を行いました。

                    
                    

【専門部会】医療支援部会(H19〜H20)

 医療支援部会では、認知症・身体症状双方の症状に応じた「切れ目のない医療支援体制」の構築を目的として検討を行いました。