このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都動物愛護相談センター

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都動物愛護相談センター の中の 犬、猫を逃がしてしまった飼い主の方へ のページです。

本文ここから

犬、猫を逃がしてしまった飼い主の方へ

 お問い合わせに際しては、必ず以下の事項をお読みになってください。

1 身元表示と捜索は飼い主の責任と義務です

 逃がしてしまった動物を自ら捜索することは、飼い主の義務です。当所に収容した犬、猫のうち、身元表示(犬については鑑札・注射済票、猫については迷子札(まいごふだ)、等)のない動物については、連絡を差し上げることは出来ません。
 また、身元表示をしていても、確認できない場合もありますので、必ず飼い主の方から、お問い合わせください。
 なお、当所に収容した犬、猫の収容期限は、7日間ですので、お問い合わせの間隔は、7日以上あけないようにしてください。

2 お問い合わせ先

 都内では以下のところにお問い合わせをしてください。

 
逃がした地域 連絡先 電話番号
23区 動物愛護相談センター 03-3302-3507
多摩地域 動物愛護相談センター多摩支所 042-581-7435
八王子市内 八王子市保健所 042-645-5111
町田市内 町田市保健所 042-722-0621


 なお、逃がした場所を所管する保健所(23区域内に限る)、警察署などにもお問い合わせください。
 さらに、区市、都県の境界部で逃がした方、遠方まで逃げていく可能性のある場合などは、周辺の地域を所管するセンター、保健所、警察署などにもお問い合わせを入れてください。

3 当所が提供できる情報について

電話問合せにより当所では以下の情報についてご紹介します。

収容動物情報

 当所が収容した犬、猫の情報

保護動物情報

 犬、猫を自宅などで保護している(かた)からの情報

なお、インターネットで「収容動物情報」を確認できる(かた)も、「保護動物情報」については公開しておりませんので、必ずお電話でお問い合わせください。

犬の登録と毎年度1回の狂犬病予防注射は飼い主の義務です

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る