このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 生活の福祉 の中の 生活保護 の中の 生活保護制度の見直しで国へ提言 のページです。

本文ここから
生活の福祉

生活保護制度の見直しで国へ提言

 昭和25年の現行制度創設以来、大きな制度改正が行われないまま推移してきた「最後のセーフティネット」である生活保護制度も、社会経済状況の変化を踏まえ、今日の時代状況に適合するよう、見直しを迫られています。
 都は、国家責任としてのセーフティネットを堅持しつつ、自立支援を総合的・効果的に進めていくにはどのような施策が必要かという観点から、大都市東京における実態分析を踏まえ、生活保護制度改善の具体的提言を平成16年に引き続き再度とりまとめることとしました。
 提言のとりまとめに先立ち、試案を公表し2月2日から2月28日にかけて、都民の皆様からの意見を募集してまいりましたが、この度、寄せられたご意見も踏まえ、提言をとりまとめ、国に提出しましたのでお知らせします。
 今後、この提言内容が制度改正に反映されるよう、国に強く働きかけていきます。

1 生活保護を変えるための重点提言 ~自立に向けた「4つの提案」~

1. 就労自立促進の更なる強化(目標設定による組織的な自立促進、就労意欲
 が低い者に対する対策、就労自立等に向けた意欲を高めるための仕組みの構
 築、被保護世帯の子どもたちの育成支援)
2. 保健・医療面での自立促進(医療扶助の抱える課題と医療扶助の見直し)
3. 早期自立のための新たな仕組み(扶助の給付方式の柔軟化、自立支援ホー
 ム(仮称)の設置、多重債務解決の新たな仕組み)
4. 自立を推進する体制の整備(効果的・効率的な実施体制の整備、人材育成)

2 生活保護制度の改善に向けて

(1) 国の役割と責任
(2) 「骨太の方針2006」への要望
(3) 本提言と都の取組

3 「試案」に寄せられた主な都民意見の状況 延べ89件

「就労自立促進の更なる強化」について 23件

生活保護制度のあり方等について 14件

「保健・医療面での自立促進」について 14件

「自立を推進する体制の整備」について 11件

その他 27件

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 生活福祉部 計画課 計画担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る