このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

在宅療育相談事業

訪問看護事業部の在宅療育支援員が、在宅重症心身障害児(者)等訪問事業の決定を受けたお子様が入院している病院に赴き、ご家族との面談等による相談支援を行うほか、病院のスタッフや保健所等の保健師と連携して、退院後の療育環境を整えていきます。

在宅療育支援員の支援内容

病院との連携を図ります。

  • 病状、退院指導内容等の確認
  • 退院カンファレンスなどへの参加
  • 必要な医療用具、衛生材料、入手方法等の確認 など

ご家族との面談や家庭訪問などにより退院の準備を支援します。

  • 自宅の療育環境の調整
  • 訪問事業看護師の導入 など

保健所等の担当保健師との連携を図ります。

  • 地域支援体制の検討、相談
  • 地域サービスの活用
  • 緊急連絡体制の確認 など

図 訪問看護事業部の在宅療育支援員と、病院と自宅と保健所との連携イメージ
在宅療育相談事業の連携イメージ

お問い合わせ

このページの担当は 障害者施策推進部 施設サービス支援課 療育担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。