このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都多摩立川保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩立川保健所 の中の 住まい・水・環境衛生に関すること の中の レジオネラ症対策 のページです。

本文ここから

レジオネラ症対策

レジオネラ症について

レジオネラ属菌は、土壌など自然環境中に広く生息している細菌で、自然界ではそれほど増えません。しかし、循環式の浴槽や加温プール、冷却塔の冷却水や一部の加湿器など、水が循環又は停滞して微生物が増殖しやすい環境にレジオネラ属菌が入り込むと、増殖が進み、急激に菌数が増えることがあります。

このレジオネラ属菌に汚染された水の飛沫を、人が吸入すると、レジオネラ症を発症することがあります。主な症状は肺炎(レジオネラ肺炎)で、1週間程の潜伏期の後に、悪寒、高熱、全身倦怠感などが起こり、胸痛、呼吸困難などの呼吸器症状を伴い、重篤な場合、死に至ります。かかりやすい人は、高齢者や入院患者など、抵抗力の弱い人です。

参考資料

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公衆浴場・旅館業・プールにおけるレジオネラ症防止対策

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。特定建築物における衛生(ビル衛生管理に関するQ&A)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。社会福祉施設等のレジオネラ症予防対策

浴槽における発生を防ぐには

浴槽水は、温かく栄養分があるので、浴槽や循環ろ過装置の内部及び配管に、ぬるぬるした膜ができます。これを、生物膜(バイオフィルム)といいます。この生物膜の中は、レジオネラ属菌が寄生するアメーバなどの原生動物にとって繁殖しやすい環境です。
生物膜の中で増えたレジオネラ属菌は、浴槽の水を汚染します。生物膜を除去せずに(浴槽やろ過装置の洗浄が不十分なまま)浴槽水に塩素だけを添加しても、生物膜の中にいるレジオネラ属菌には効きません。
従って、浴槽のレジオネラ対策は、次の2点がポイントです。

1 浴槽、循環ろ過装置及び配管を徹底洗浄、消毒する。
2 再び生物膜が形成されないよう、水質の管理を徹底する。

浴槽、循環ろ過装置及び配管を徹底洗浄、消毒するためには

次のような管理を実施してください

  • 循環ろ過装置は、一定期間ごとに逆洗等を行い汚れを排出するとともに、配管を含めた洗浄・消毒を行う。
  • 集毛器の清掃・洗浄は毎日行い、内部の毛髪や垢、ぬめりを除去する。

再び生物膜が形成されないよう、水質の管理を徹底するためには

次のような管理を実施してください

  • 浴槽水は毎日必ず換水する。
  • 浴槽は、毎日清掃・洗浄し、内部の毛髪や垢、ぬめりを除去する。
  • 浴槽水の消毒は、当面は塩素剤を基本とし、遊離残留塩素濃度を1リットルあたり0.4ミリグラム以上(あまり高濃度にならないように配慮すること)に保ち、適宜濃度を測定すること。
  • 入浴者が多い場合等は、浴槽水の汚濁によって塩素の消費が増大するため、残留塩素濃度の管理に注意する。
  • 循環浴槽水やオーバーフロー水等の再利用水は、シャワーや打たせ湯に使用しない。
  • 入浴者に対して、浴槽に入る前にあらかじめ体の汚れを落とすよう、注意書き等で注意喚起する。
  • 1年に1回以上、浴槽水のレジオネラ属菌について自主検査を行い、記録を保存する。

「公衆浴場等のレジオネラ症予防対策 充実する」に関する取組です。

お問い合わせ

このページの担当は 多摩立川保健所 生活環境安全課 環境衛生担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

住まい・水・環境衛生に関すること

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る