このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ヘルプマーク

 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。
 ヘルプマークの配布や優先席へのステッカー標示等を、平成24年10月から都営地下鉄大江戸線で、平成25年7月から全ての都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーで開始し、さらに、平成26年7月からゆりかもめ、多摩モノレール、平成28年12月から、都立病院、公益財団法人東京都保健医療公社の病院へと拡大して実施しています。
 また、平成26年7月から民間企業への働きかけも実施しています。
 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

ヘルプマーク配布状況について 平成29年12月4日

 ヘルプマークのご要望が多く、在庫状況によってお渡しできない配布場所がございましたが、ヘルプマークの配布準備が整いましたのでお知らせいたします。
ご不便をおかけして申し訳ございませんでした。引き続き、ヘルプマークをよろしくお願いいたします。


ヘルプマーク(help mark)

対象者

 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方

ヘルプマークを身に着けた方を見かけたら

 電車・バスの中で、席をお譲りください。
 外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。 また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

 駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。
 交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

 災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。
 視覚障害者や聴覚障害者等の状況把握が難しい方、肢体不自由者等の自力での迅速な避難が困難な方がいます。

実施方法

(1)対象者からの申出により、下記の場所でヘルプマークを配布
 都営地下鉄各駅(押上駅、目黒駅、白金台駅、白金高輪駅、新宿線新宿駅を除く)駅務室、都営バス各営業所、荒川電車営業所、日暮里・舎人ライナー(日暮里駅、西日暮里駅)駅務室、ゆりかもめ(新橋駅、豊洲駅)駅務室、多摩モノレール(多摩センター駅、中央大学・明星大学駅、高幡不動駅、立川南駅、立川北駅、玉川上水駅、上北台駅)駅務室(一部時間帯を除く)、東京都心身障害者福祉センター(多摩支所を含む)、都立病院、公益財団法人東京都保健医療公社の病院等

 ※郵送での対応はしていません。
 ※ヘルプマークの販売は認めていません。
 ※ヘルプマークに関する寄付活動等には、一切、関与しておりません。
 ※ヘルプマークの趣旨に沿った、適正な利用をお願いします。

(2)車両内等の優先席にステッカーを標示
 実施路線:都営地下鉄(浅草線、三田線、新宿線、大江戸線)、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナー、ゆりかもめ、多摩モノレール


ステッカー

(3)民間企業による広報活動や活用の推進

 平成26年7月から民間企業への働きかけを実施しています。
 詳細は、企業・事業者向けホームページを御覧ください。
 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/helpmarkforcompany/

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「助け合いのしるし ヘルプマーク(企業・事業者向け)」

普及啓発

 都営交通、ゆりかもめ、多摩モノレールの車両内等にポスターを掲示するなど、ヘルプマークの普及啓発に取組んでいます。

 ヘルプマークPR動画(30秒版)リンク先 https://www.youtube.com/watch?v=bhXIEJDMcJ4&list=UUOvyMBPp9M7KNZACW7QPtrA
 ヘルプマークPR動画(15秒版)リンク先 https://youtu.be/PyZSD_NJ3D0

ヘルプマークについて、これまでの取組やエピソード等を掲載しています。

全国への普及

東京発「ヘルプマーク」が全国共通マークに!7月20日、JIS(案内用図記号)に採用

このたび、経済産業省において、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、外国人観光客にもより分かりやすい案内用図記号とするため、7月20日、JIS Z8210(案内用図記号)が改正され「ヘルプマーク」も追加されました。これにより、「ヘルプマーク」が全国共通のマークになるため、多様な主体が多様な場所で活用・啓発できるようになり、広く普及し、認知度の向上も期待されます。

 東京都は、ヘルプマークが全国に普及し、援助や配慮が必要な人がいることへの気づきや思いやりのある行動を促進することを目指しています。
 平成30年2月5日現在、導入されている府県は以下のとおりです。
 京都府・和歌山県・徳島県・青森県・奈良県・神奈川県・滋賀県・大阪府・岐阜県・栃木県・広島県・北海道・秋田県・愛媛県・島根県・兵庫県・鳥取県・静岡県

ヘルプマークのデザイン及び利用方法

 ヘルプマークを作成、デザインを活用されたい場合は「ヘルプマーク作成・活用ガイドライン」を御覧ください。

 なお、作成・活用状況の確認・把握のため、遅滞なく下記担当まで御報告をお願いします

 東京都福祉保健局障害者施策推進部計画課 社会参加推進担当
 E‐Mail S0000230@section.metro.tokyo.jp
 

画像 ポスター
ポスター


PR用チラシ(表)


PR用チラシ(裏)


ヘルプマーク作成・活用ガイドライン

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 障害者施策推進部 計画課 社会参加推進担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

障害者施策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。