このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

卒業式

卒業式スライド

卒業記念講演

平成31年3月5日(火)午前、エンドオブライフ・ケア協会の小澤竹俊先生をお迎えし、「これからの看護を担う卒業生へのメッセージ」というテーマで卒業記念講演が行われました。
人生の最終段階を迎えた人にどう関わればよいのか、自分達にできることは何かを教えていただきました。苦しんでいる人の理解者になる援助的コミュニケーションの方法や、苦しみの中でも穏やかになれる支えを探すことなど事例や映像を交えながら熱く語っていただきました。一人ひとり違う支えをみつけ、その方が穏やかになれるためにチームで協力し逃げずに向き合い続ける小澤先生の姿勢は、これから看護の現場に旅立つ卒業生の胸に貴重なメッセージとして響きました。

卒業式

平成31年3月5日(火)午後、南多摩看護専門学校第22回卒業式が挙行されました。80名の卒業生は、御来賓や家族に見守られ、凛としたユニフォーム姿で式に臨みました。
卒業証書は、学校長より一人一人に授与されました。校長式辞では、これから社会に出る中で大切にしてほしい2つのこと「心身の健康を保つ」「初心を忘れず志を持ち続ける」をお話しいただきました。御来賓の祝辞では、「自分本意ではなく相手の要望を感じ取る」、「自分の力を信じてあきらめず磨き続けてください」と励ましの言葉をいただきました。

卒業生の答辞では緩和ケア実習の時に壮絶な苦痛の中、自分が役に立てるならと協力してくださった患者様の姿に、患者様に育てられ、支えてくれる人たちのおかけで成長できたという言葉に会場も涙を誘われました。

卒業式01

卒業生全員による巣立ちの歌「3月9日」は美しいハーモニーに会場が包まれ、厳粛な中にも温かく、感動的な卒業式となりました。

卒業式02

卒業生は、看護師として働くという新たな目標を胸に、母校を巣立っていきました。今後も当校での学びを活かし、それぞれが看護の道を深めていけることを教職員一同願っています。

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。