このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

戴帽式(4月)

 都立南多摩看護専門学校では平成30年4月27日(金曜日)に第23回戴帽式を挙行しました。

写真_戴帽式記念講演

 
 当日午前には筑波大学名誉教授 紙屋 克子先生による記念講演が行われました。「看護の可能性への挑戦 ―視よう、知ろう、看護の力―」というテーマで、その人が、地域社会でその人らしく生きてゆくことへの支援を復権といい、その復権を行うには、看護の可能性を信じ、専門的な知識や技術を確立することが大切であると話してくれました。

戴帽式01


 午後はいよいよ戴帽式です。
今回の式には、近隣の高校生が9名参加してくださいました。「とても神聖な気持ちになりました。」「看護師を目指す気持ちがより強くなった。」という感想をいただきました。

戴帽式02

 
 戴帽生79名は、学年全体で検討を重ね、自分たちの目指す看護を「誓いの言葉」として、責任感と自覚を持ち、知識と技術、感性を磨き、日々学び続けることを誓いました。心をひとつにして練習してきた成果は灯の明かりの中、会場中に響き渡りました。
 誓いの言葉を胸に、7月からの臨地実習では、有意義な実習になるように頑張っていくことと思います。
 教職員一同、全力で応援しています。

戴帽式03

戴帽式04

戴帽式05

お問い合わせ

このページの担当は 南多摩看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。