ほっとけないぞ!CKD 慢性腎臓病
メタボが腎臓にもよくないってホント?
※メタボ(=メタボリックシンドローム)と慢性腎臓病は違う病気です

ACKDってどんな病気?

腎臓CKDとはchronic kidney disease;慢性腎臓病のことで、比較的新しい考え方です。CKDの原因にはさまざまなものがありますが、糖尿病、高血圧、慢性腎炎が代表的です。

CKD(慢性腎臓病)の初期は、自覚症状がありません。貧血、疲労感、むくみなどの症状が現れたときには、病気がかなり進行している可能性があります。腎臓の働き(腎機能)の目安はeGFRで計算することができます。

CKDとはこんな病気です。

CKDの定義下記の@、Aのいずれか、または両方が3カ月以上持続した状態のことを言います。

1尿検査で尿蛋白陽性、画像診断、血液、病理で腎障害の存在が明らかであること

2GFR(eGFR)が60(mL/分/1.73u;単位)未満に低下していること

※GFR:糸球体ろ過量といい、腎機能を表す指標です。

CKDの進行を抑えるにはどうすればいいでしょうか?

CKDの原因として最も多いのは糖尿病と高血圧です。
CKDを悪化させる原因として血糖の上昇、高血圧、脂質異常(コレステロールが高い)などがあります。かかりつけ医の指導を受けながら生活習慣の改善が必要です。
CKDの進行を抑えるためには、適度な運動や生活習慣の改善による十分な血糖と血圧のコントロールが重要です。他に、体重のコントロールも大切です。

専門医からのアドバイス

CKDはその原因や進行度(ステージ)に応じて治療目標を定め、管理していくことが可能です。今ある治療法を十分活用すれば、腎機能の悪化を予防し、腎不全に進行することを予防できます。まずはご自分のステージを把握してみましょう。かかりつけ医に治療が必要な段階だと言われた場合には、自覚症状がなくても自己判断はせずに、治療を継続することが腎機能のさらなる悪化を予防するためには大切です。また、かかりつけ医に専門の医療機関の受診を勧められたら、指示に従い必ず受診しましょう。

ページトップ