MENU

ホーム »  たべもの安全情報館 »  知って安心〜トピックス〜 »  魚を食べたら、激しい腹痛が… 
〜アニサキスによる食中毒〜

魚種別アニサキス寄生状況について(平成19年4月から平成22年3月まで)

 東京都健康安全研究センターでは、平成19年4月から平成22年3月にかけて、アニサキスの寄生実態等について調査を行いました。

調査結果

 アニサキスはその形態の違いから、10種類以上に分類されています。ヒトから検出されるアニサキスは、アニサキスT型(Anisakis simplex :アニサキス・シンプレックス。以下A. simplexという。)、アニサキスU型(Anisakis physeteris :アニサキス・フィステリス)等の幼虫がよく知られています。
 都内水産市場で販売していた魚種について、アニサキスの寄生実態調査を行ったところ、マサバは内臓だけでなく筋肉部からも高率にアニサキスが検出されました。ホッケ27尾中27尾から計157個体のA. simplexが検出されました。その他、ゴマサバ、キンメダイ、サンマからもA. simplexが検出されました。一方、本調査ではアジ、タチウオからは検出されませんでした(表)。ただし、他の研究グループの調査では、タチウオやアジからもアニサキスが検出された例が報告されています。

表 各魚種におけるA. simplexの寄生実態
検査数
(尾)
陽性数
(尾)
部位 陽性数
(尾)
検出率
(%)
A.simplex
(個体)
マサバ 136 130 内臓 130 95.6 982
筋肉 60 44.1 165
ゴマサバ 26 16 内臓 16 61.5 47
筋肉 0 0 0
ホッケ 27 27 内臓 26 96.3 152
筋肉 5 18.5 5
キンメダイ 36 20 内臓 20 55.6 43
筋肉 0 0 0
サンマ 164 7 内臓 7 4.3 7
筋肉 0 0 0
タチウオ 28 0 内臓 0 0 0
筋肉 0 0 0
アジ 10 0 内臓 0 0 0
筋肉 0 0 0


このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ