食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホーム東京都の取組・制度関係条例等一覧食品衛生責任者

関係条例等一覧
公衆衛生上講ずべき措置の基準について
食品衛生責任者

食品衛生責任者

 食品営業を行う場合、許可施設ごとに食品衛生責任者を置く必要があります。このページでは、食品衛生責任者の役割、資格、資格の取得方法等について説明しています。


食品衛生責任者の役割

1 食品衛生責任者の設置と義務

食品関係営業を行う場合、次のとおり食品衛生責任者の設置と義務が定められています。
(食品衛生法施行条例別表第一「公衆衛生上講ずべき措置の基準」より抜粋)


  • 営業者は、許可施設ごとに自ら食品衛生に関する責任者となるか、又は当該施設における従事者のうちから食品衛生責任者1名を定めて置かなければならない。
  • 食品衛生責任者は、営業者の指示に従い食品衛生上の管理運営に当たるものとする。
  • 食品衛生責任者は、食品衛生上の危害の発生を防止するための措置が必要な場合は、営業者に対して改善を進言し、その促進を図らなければならない。
  • 食品衛生責任者は、法令の改廃等に留意し、違反行為のないように努めなければならない。

食品衛生法施行条例別表第一「公衆衛生上講ずべき措置の基準」



2 食品衛生実務講習会の受講

 食品衛生責任者は、衛生管理を適切に行うために、食品衛生の最新情報を常時習得しておかなくてはなりません。
 東京都では、食品衛生責任者などを対象とした「食品衛生実務講習会」を実施しています。受講等については、最寄の保健所にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】 営業所を所管する保健所(多摩地区


実務講習会についてのパンフレット(PDF:762KB)


食品衛生責任者の資格及び資格の取得方法

1 食品衛生責任者になるためには

食品衛生責任者になるためには、6時間以上の養成講習会を受講しなくてはなりません。


  • 公衆衛生学(伝染病、疾病予防、環境衛生、労働衛生等) 1時間
  • 衛生法規(食品衛生法、施設基準、管理運営基準、規格基準、公衆衛生法規等) 2時間
  • 食品衛生学(食品事故、食品の取扱い、施設の衛生管理、自主管理等) 3時間

  計6時間


東京都では、一般社団法人東京都食品衛生協会が食品衛生責任者養成講習会を実施しています。講習会の日程、受講方法等は、一般社団法人東京都食品衛生協会ホームページをご覧ください。
※なお、全国標準化により、平成9年4月1日以降の修了証書は全国どこでも有効です。



2 講習会の受講免除

次の資格を持っている方は、講習会を受けなくても食品衛生責任者になることができます。


  • 栄養士
  • 調理師
  • 製菓衛生師
  • と畜場法に規定する衛生管理責任者
  • と畜場法に規定する作業衛生責任者
  • 食鳥処理衛生管理者
  • 船舶料理士
  • 食品衛生管理者、もしくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者

get_adobe_flashPlayer このページを正しく表示するには、Adobe Flash Player が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 規格基準係が管理しています。


▲このページのトップへ