イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21
HOME > 受けよう!がん検診 > がん検診の統計データ・調査 > 平成20年度がん検診実態調査

平成20年度がん検診実態調査

 福祉保健局では、東京都のがん検診受診率向上に向けた施策の展開に活用するため、都民のがん検診の受診状況及び職域のがん検診実施状況について「がん検診実態調査」を実施しました。
 このほど、調査結果がまとまりましたので、お知らせします。
 なお、「都民を対象とした調査」については、参考資料を、また、調査結果の詳細は、報告書を参照ください。


調査結果のポイント


事業所におけるがん検診


実施状況

  • 胃がん、肺がん、大腸がん検診を実施している事業所は約8割
  • 子宮頸がん、乳がん検診を実施している事業所は約6割
胃がん 肺がん 大腸がん 子宮頸がん 乳がん
83.2% 82.4% 79.8% 60.6% 60.8%

対象者

  • 胃がん、大腸がん検診は「年齢制限を設けて実施する」が最多
  • 肺がん検診は「全員に実施」が最多
  • 子宮頸がん、乳がん検診は「申込者全員に実施」が最多
  • 年齢制限を設ける場合の対象年齢の下限は「30歳代」が最多

国指針による検査方法での乳がん検診の実施は5割未満

胃がん 肺がん(※) 大腸がん 子宮頸がん 乳がん
95.6% 96.3% 97.7% 75.1% 45.9%
※肺がん検診は、胸部X線検査のみによるもの

【参考】国指針による検査方法
 胃がん検診:胃X線検査
 肺がん検診:胸部X線検査及び喀痰細胞診(医師が必要と認めた者)
 大腸がん検診:便潜血検査
 子宮頸がん検診:細胞診(医師による採取)
 乳がん検診:マンモグラフィと視触診の両方

調査概要

都民を対象とした調査

  • 調査対象:東京都(島しょを除く)に居住する満40歳以上の男性2,000人及び満20歳以上の女性3,000人の計5,000人
  • 調査期間:平成20年9月
  • 調査方法:調査票の郵送配布・郵送回収
  • 回収率:47.6%

職域を対象とした調査

  • 調査対象:都内の事業所2,625か所及び健康保険組合100団体
  • 調査期間:平成20年8月から9月まで
  • 調査方法:調査票の郵送配布・郵送回収
  • 回収率:事業所37.9%、健康保険組合71.0%


※平成20年度東京都がん検診実態調査


問い合わせ先
福祉保健局保健政策部健康推進課
 電話 03-5320-4351

PDFファイルによる情報提供について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
アドビ社ロゴ Adobe Readerのダウンロードへ
なお、PDFファイルによる入手が困難な場合は、下記の担当係にお問い合わせください。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 成人保健担当 です。

このページのトップに戻る